メインメニューを開く

劉 文竜(りゅう ぶんりゅう)は中華民国の政治家。号は銘三

劉文竜
No image available.svg
プロフィール
出生: 1870年同治9年)
死去: 1950年
Flag of the People's Republic of China.svg 中華人民共和国新疆省ウルムチ市
出身地: 清の旗 湖南省岳陽県
職業: 政治家
各種表記
繁体字 劉文龍
簡体字 刘文龙
拼音 Liú Wénlóng
和名表記: りゅう ぶんりゅう
発音転記: リウ ウェンロン
ラテン字 Liu Wen-lung
テンプレートを表示

事跡編集

の廩生。宣統年間に辺境での開墾を望み、新疆省に赴任した。搭城(現在のチョチェク市)参賛大臣汪歩端の下で任官している。中華民国時代になると、汪は搭城道尹に任ぜられ、劉もその下で事務に携わった。

1917年民国6年)、劉文竜は、革命派に敗北して越境してくるロシア皇帝派の軍勢について、事後処理を担当した。1922年(民国11年)3月、新疆省教育庁庁長に任命される。

1928年(民国17年)11月、新疆省政府主席楊増新が暗殺され、金樹仁が後任となる。このときに劉文竜は、新疆省政府副主席兼教育庁庁長に任命された。1933年(民国22年)4月、クーデターの発生により金はソ連へ逃亡する。劉は、臨時代理として省政府主席の地位に就いた。その後、南京の国民政府が宣慰使として黄慕松を派遣してきた。黄の指示により、8月、劉が正式に省政府主席となり、省内の軍事実力者である盛世才は辺防督弁に任ぜられた。

しかし、まもなく盛世才が省内権力の掌握を狙ってクーデターを起こす。同年12月、劉文竜は盛に捕縛され、以後長期にわたり軟禁されることになる[1]1944年(民国33年)11月、ようやく劉は釈放され、蘭州に隠居した。1945年(民国34年)4月、第4期国民参政会参政員となる。1948年(民国37年)、行憲国民大会代表に選出された。

中華人民共和国成立後も、劉文竜は大陸に留まっている。劉はウルムチに戻り、1950年6月、ウルムチ市人民代表会議代表に選出された。

同年秋、死去。享年81。

編集

  1. ^ 劉文竜が省政府主席から正式に罷免されたのは1934年10月のことである。

参考文献編集

  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
   中華民国(国民政府)国民政府
先代:
金樹仁
新疆省政府主席
1933年8月 - 1934年10月
次代:
李溶