劉玢

南漢の第2代皇帝

劉 玢(りゅう ひん)は、十国南漢の第2代皇帝。「玢」は「王」へんに「分」。元のは弘度。

殤帝 劉玢
南漢
第2代皇帝
王朝 南漢
在位期間 942年6月10日 - 943年4月15日
姓・諱 劉弘度→劉玢
諡号 殤帝
生年 乾亨4年(920年
没年 光天2年3月8日
943年4月15日
高祖
昭儀
年号 光天 : 942年 - 943年

生涯編集

乾亨4年(920年)、初代皇帝・高祖劉龑の三男として生まれる。兄の劉耀枢劉亀図が早世したため、大有15年(942年)に父が死ぬと帝位を継承した。しかし暗愚で政務を顧みず、実権は四弟の劉弘熙が握っていた。このため各地で南漢に対する反乱が起こり、最終的には光天2年(943年)に劉弘熙に殺された。享年24。皇位は劉弘熙が継いだ。

宗室編集

父母編集

兄弟編集

先代:
高祖
南漢の第2代皇帝
942年 - 943年
次代:
中宗