劉 秉忠(りゅう へいちゅう、1216年 - 1274年)は、の政治家。もとの名は仲晦(ちゅうかい)。法号は子聡邢州の出身。本貫瑞州

生涯編集

父の劉潤はチンギス・カンに仕えた邢州録事である。

17歳のとき故郷の邢州の令史に命じられる。だが吏事を好まずすぐに出家してしまった。後に雲中臨済宗海雲印簡禅師の知遇を得て、その推挙でチンギスの孫であるクビライに仕え、主に行政面で主要な役割を果たした。1264年還俗して光禄大夫に任命される。以後、姚枢と共にクビライのブレーンとして元の国号の制定から漢風制度の王朝整備、中統の年号制定、紙幣の発行による通貨政策、元の首都である大都建設など枢機に携わった。1274年に59歳で死去。

逸話編集

  • クビライの片腕・謀臣としてその名を知られていた。彼の死後、およそ100年を経て永楽帝のブレーンとなった姚広孝は彼の生まれ変わりとまで称された[1]
  • クビライがモンケの家臣だったとき、領地が河北省にあった。そこには1万戸の民がいたが、日ごとに民が減って遂に700戸にまで減ってしまった。クビライは驚いて劉秉忠に調査させた。すると税を取り立てる責任者の行き過ぎがあった。そこで劉秉忠は「税を軽く、賦を薄くしてやれば、戸数は自ずと増えるでありましょう」と進言した。クビライが進言どおりにすると、1年で数倍の戸数が増えた。このため、劉秉忠はクビライから厚い信任を得たという。

脚注編集

  1. ^ 明史』巻145 列伝第33 姚広孝伝「姚広孝、長洲人、本医家子。年十四、度為僧、名道衍、字斯道。事道士席應真、得其陰陽術数之学。嘗遊嵩山寺、相者袁珙見之曰:「是何異僧!目三角、形如病虎、性必嗜殺、劉秉忠流也」。道衍大喜」

参考文献編集

  • 元史』巻156 列伝第44