メインメニューを開く

力道山OB会&プロレス

力道山OB会から転送)

力道山OB会&プロレス(りきどうざんオービーかいアンドプロレス)は、かつてプロレスを引退したプロレスラーOB・OG力道山関係者を中心に結成された組織OB会、ファンクラブ組織である。

概要編集

発端は1995年12月11日に行われた力道山三十三回忌法要での談笑で提案された。その席でジャイアント馬場アントニオ猪木も同席したことも追い風になり、メンバーには元日本プロレス関係者、選手、関連会社社員が名を連ねた。

その記念として、1996年6月30日横浜アリーナにて結成記念大会「メモリアル力道山」が開催され、当時のプロレス団体16団体が参加、翌3月11日にも同所で第二回大会も行われた。そのほか、同時にファンクラブ活動として会報出版、クラブカードを発行し加盟団体興行のファンクラブチケットダイヤル先行予約サービスを展開した。

その後「力道山OB会」と名称変更し興行会社としての色が強くなり力道山門下生、昭和世代の選手を中心とした興行の主催と全日本女子プロレスの版権管理、闘魂ショップ(新日本プロレスオフィシャルショップ)の経営が主となっている。

主要メンバー編集

参考文献編集