メインメニューを開く

加瀬禧逸

加瀬禧逸

加瀬 禧逸(かせ きいつ、1873年明治6年)9月25日[1] - 1928年昭和3年)5月4日[2])は、日本の衆議院議員(政交倶楽部→猶興会→又新会→亦楽会→中正会[3])、弁護士

経歴編集

千葉県海上郡旭町(現在の旭市)出身。1894年(明治27年)、東京法学院(のち中央大学に改称)に入学したが、日清戦争で召集を受け、歩兵第2連隊に入った。翌年、威海衛守備のため再び召集された[3]1897年(明治30年)、東京法学院を卒業。1900年(明治33年)、弁護士試験に合格し、翌年に開業した。1918年大正7年)には東京弁護士会副会長に就任し、また日本弁護士協会理事も2回務めた[1]

1904年(明治37年)、第9回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。以後、5期連続当選を果たした。

脚注編集

  1. ^ a b 『大日本人物名鑑』p.17-18
  2. ^ 『衆議院議員略歴』
  3. ^ a b 『現代日本の政治家』中正会p.26-28

参考文献編集

  • 細井肇 『現代日本の政治家』 国光社、1916年
  • 『大日本人物名鑑』 ルーブル社出版部、1921年
  • 『第一回乃至第十八回総選挙 衆議院議員略歴』 衆議院事務局1932年