メインメニューを開く

加茂田組(かもだぐみ)は、神戸市長田区に本拠を置いて1950年代中頃から1988年昭和63年)まで活動した暴力団。三代目山口組の2次団体として結成され、後に一和会の2次団体となった。

昭和31年(1956年)、加茂田重政が、幹部を務めていた わさび会を解散させた後、三代目山口組・田岡一雄組長から盃を受け、加茂田会(かもだかい)を結成した。後に加茂田組に改称した。

最高幹部編集

  • 組長・加茂田重政(一和会副会長兼理事長、元三代目山口組組長代行補佐)

過去の幹部編集

若頭 飯田時麿(飯田組組長) 常任相談役 

参考文献 編集