メインメニューを開く

加藤 明利(かとう あきとし、1599年慶長4年) - 1641年5月4日寛永18年3月25日))は、江戸時代初期の大名陸奥三春藩主、のち陸奥二本松藩主。

加藤嘉明の三男。母は堀部氏。正室は朝倉宣正の娘。子は明勝(長男)、明正(次男)、嘉遐(三男)、明重(四男)、娘(佐々木高重室)。加藤明成の弟。官位は従五位下・民部大輔。

松山に生まれ、元和2年(1616年)1月19日に従五位下・民部少輔に叙任[1]。はじめ父の会津移封に従い、寛永4年(1627年)3月14日に陸奥三春に3万石の所領を与えられ、民部大輔となる[2]。翌寛永5年(1628年)10月5日に同二本松に移封された。寛永8年(1631年)に父が死去すると、兄の明成に従うようになる。兄が家老を殺した事件に連座した直後、寛永18年(1641年)3月25日に病没したが、死因に不審な点があったことから幕府にその死を疑われ、死後にその所領は改易とされた。号は雲心夢月寶樹院。

長男の明勝は父に連座して謹慎となった後、3,000石を与えられたが、正保2年(1645年)に13歳で死去し、無嗣断絶となった[1]。三男の嘉遐に1,300石、四男の明重に1,500石が与えられ、旗本として家名は存続した。墓所は二本松市の顕法寺にある。

脚注編集

  1. ^ a b 須田茂『徳川大名改易録』(崙書房出版、1998年)172頁
  2. ^ 寛政重修諸家譜』巻第七百七十三