メインメニューを開く

南部 重直(なんぶ しげなお)は、南部氏第28代(盛岡南部家第3代)当主。陸奥盛岡藩の第2代藩主。

 
南部 重直
Nanbu Shigenao01.jpg
時代 江戸時代前期
生誕 慶長11年3月9日1606年4月16日
死没 寛文4年9月12日1664年10月30日
別名 権平(通称)
戒名 即性院殿三峯宗玄大居士
墓所 岩手県盛岡市の聖寿寺
官位 従五位下、山城
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱
陸奥盛岡藩
氏族 南部氏
父母 父:南部利直、母:蒲生氏郷の娘・源秀院
兄弟 家直政直重直利康重信山田利長直房
正室加藤嘉明の娘
側室本館甚右衛門の妹・貞心院
側室:岸本右衛門の娘・隆高院
養子勝直重信

生涯編集

慶長11年(1606年)3月9日、初代藩主・南部利直の三男として江戸桜田屋敷で生まれる。寛永9年(1632年)、父の死去により家督を継ぎ、第2代藩主となる。藩政においては祖父・南部信直の時代に着工した盛岡城の築城工事を完成させるなど、盛岡藩の基盤固めに専念した。苛烈な性格であったという。実子はなく、更に幕閣に列し譜代大名になろうとしたともいう。そのために堀田正盛の子を養子として勝直と名乗らせて養った(勝直は18歳で早世)。

1636年(寛永12年)4月、参勤交代に10日間遅参。徳川家光の勘気を受け、翌年まで南部藩江戸屋敷にて蟄居処分を受ける。前年から武家諸法度に基づき開始された初の参勤交代での出来事であった[1]

寛文4年(1664年)9月12日、江戸で死去。享年59。

重直は4代将軍・徳川家綱に後継者の選定と南部家の存続を事前に願い、重直の死後、家綱は裁定して重直の弟・七戸重信に2万石減封して盛岡8万石を与えて家を継がせ、同じく弟の中里直好に新規に八戸2万石を与えて別家を興させ、事実上の分割相続を行った。初め花輪重政と称した七戸重信は南部重信、中里直好は南部直房と名を改めた。

脚注編集

  1. ^ 加藤章「寛永13年南部重直 参勤交代遅参事件の再検討」」、『盛岡大学紀要』第23号、2006年。