メインメニューを開く

加藤 泰建(かとう やすたけ、1946年 - )は、日本文化人類学者。東京大学教養学部教養学科を経て、同大学院博士課程中退。埼玉大学名誉教授。専門はラテンアメリカ研究、アンデス考古学。

目次

略歴編集

  • 1971年 東京大学教養学部卒業
  • 1973年 東京大学大学院社会学研究科退学
  • 1973年 東京大学教養学部助手
  • 1977年 埼玉大学教養学部講師
  • 1979年 埼玉大学教養学部助教授
  • 1989年 埼玉大学教養学部教授
  • 1996年 埼玉大学学生部長(1998年まで)
  • 1997年 埼玉大学留学生センター長(2000年まで)
  • 2000年 埼玉大学副学長
  • 2008年 埼玉大学理事
  • 2014年 埼玉大学理事を退任、同大学名誉教授

著書編集

  • 「クントゥル・ワシの墓」(『ラテンアメリカ研究年報』11号、1991年)
  • 『ジャガーの足跡』、(共著)、東海大学出版会、1992年
  • 『世界を掘る』、(共著)、学生社、1993年
  • 「アンデス形成期の祭祀建築」(『民族芸術』VOL.9, 講談社, 1993年)
  • 「永遠の物と壊れる物」(『岩波講座文化人類学3 「もの」の人間世界』、岩波書店、1997年)
  • 『文明の創造力』、(共編著)、角川書店、1998年

論文編集

  • 「ラテン・アメリカに関する最近の文化人類学的研究 (Ⅰ) 先史学」(落合一泰・加藤泰建・小泉潤二増田義郎小池佑二長島信弘藤井竜彦) , 民族學研究 40(1), 62-65, 1975
  • 「ラテン・アメリカに関する最近の文化人類学的研究 (Ⅱ) エスノヒストリー」(大貫良夫・小池佑二・小泉潤二・増田義郎・松本亮三・落合一泰・加藤泰建・長島信弘・中林伸二) , 民族學研究 40(3), 227-232, 1975
  • 「ペルー,ラ・パンパの土器分類と型式論」 , 民族學研究 41(3), 268-273, 1976
  • "The Formative Pottery of the La Pampa Site, Ancash, Peru" (寺田和夫・加藤泰建) , 人類學雜誌 85(2), 131-152, 1977
  • 「ペルー国北部山地ラ・パンパ遺跡の形成期土器」(磁田和夫・加藤泰建) , 人類学雑誌 85(2), p131-152, 1977
  • 「アンデス形成期の祭祀建築 (南アメリカの先史芸術)」 , 民族芸術 (9), 37-48, 1993
  • 「クントゥル・ワシ遺跡の発掘調査」 , 学術月報 52(1), 44-49, 1999
  • 「ユネスコ・プロジェクトとしてのクントゥル・ワシ遺跡の修復保存事業」(大貫良夫・加藤泰建) , 古代アメリカ (5), 49-68, 2002
  • 「クントゥル・ワシ遺跡と地元住民」 , 季刊民族学 31(3), 30-35, 2007
  • 「クントゥル・ワシ神殿とアンデス文明の形成期」 , チャスキ (36), 6-18, 2008

翻訳編集

主な業績編集