メインメニューを開く
加藤泰武像(如法寺蔵)

加藤 泰武(かとう やすたけ、延享2年7月13日1745年8月10日) - 明和5年5月22日1768年7月6日))は、伊予大洲藩の第7代藩主。

第5代藩主・加藤泰温の長男。母は側室の円性院。正室は酒井忠用の娘・香樹院。子に隼姫(松平定信継室)。官位は従五位下、遠江守。幼名は富之助。

父の泰温は延享2年(1745年)6月上旬に死去しており、泰武はその1カ月後に生まれた息子である。宝暦12年(1762年)2月1日、先代藩主の泰衑が隠居したため、その養嗣子として跡を継いだ。藩財政再建のために、家臣団の知行削減などを行なったが、幕府の公役による出費に苦しんだと言われている。明和5年(1768年)5月22日に脚気腫のため24歳で死去した。子は娘しかいなかったため、跡を先代泰衑の実子で養嗣子の泰行が継いだ。法号は広善院殿頴鋒義俊大居士。墓所は愛媛県大洲市柚木の冨士山如法寺