加藤 節(かとう たかし、1944年昭和19年〉5月24日 - )は、日本政治学者成蹊大学名誉教授・法学部特任教授。専門は、政治哲学西欧政治思想史ジョン・ロック研究者として知られるのみならず、近年では南原繁丸山眞男に代表される戦後日本における批判的知識人の思想史的系譜に関する研究でも知られる。

加藤 節
(かとう たかし)
人物情報
全名 加藤 節
(かとう たかし)
生誕 (1944-05-24) 1944年5月24日(76歳)
日本の旗 日本 長野県
学問
研究分野 政治哲学
西欧政治思想史
研究機関 成蹊大学
学位 法学博士
称号 成蹊大学名誉教授
影響を
受けた人物
福田歓一東京大学在学中に師事)
学会 政治思想学会(代表理事)
テンプレートを表示

経歴・人物編集

長野県生まれ。東京大学法学部卒業。同大学大学院法学政治学研究科を修了。福田歓一の下で政治哲学を学ぶ。1974年4月、成蹊大学法学部講師。翌75年4月、同大助教授。76年、東京大学から法学博士号。論文の題は『17世紀政治理論における「宗教批判」の展開:社会契約説と宗教理論』であった[1]1982年、成蹊大学教授。1990年、成蹊大学アジア太平洋研究センター所長に就任。2002年には日本政治思想学会代表理事に就任した。2013年4月、成蹊大学名誉教授の称号を受けた。「九条科学者の会」で呼びかけ人を務めている[2]

教え子の一人である安倍晋三に関して「首相と取り巻きは、憲法は既にないものとの認識ではないか」「ずるい政治家です」と批判している[3][4]。また「安倍君は必須科目の政治学の授業に一度も出席していなかったので卒業できないと思っていた。ところが安倍君は留年もしないで卒業したんですよ。裏口入学あるのは知ってましたが裏口卒業というのがあるのを知って驚きました」と語っている。

2020年5月15日、検察庁法改正に反対する松尾邦弘・元検事総長ら検察OB14名が法務省に提出した「東京高検検事長の定年延長についての元検察官有志による意見書」は、その中でジョン・ロック著『統治二論』を引用し、訳者も含めて以下の具合に明記した。

17世紀の高名な政治思想家ジョン・ロックはその著「統治二論」(加藤節訳、岩波文庫)の中で「法が終わるところ、暴政が始まる」と警告している。心すべき言葉である — 【意見書全文】首相は「朕は国家」のルイ14世を彷彿 朝日新聞 2020年5月15日

妻は政治学者西崎文子

著書編集

単著編集

  • 『近代政治哲学と宗教――17世紀社会契約説における「宗教批判」の展開』(東京大学出版会、1979年)
  • ジョン・ロックの思想世界――神と人間との間』(東京大学出版会、1987年)
  • 『政治と人間』(岩波書店、1993年)
  • 南原繁――近代日本と知識人』(岩波書店[岩波新書]、1997年)
  • 『政治と知識人――同時代史的考察』(岩波書店、1999年)
  • 『政治学を問いなおす』(筑摩書房[ちくま新書]、2004年)
  • 『同時代史考――政治思想講義』(未来社、2012年)
  • 『南原繁の思想世界――原理・時代・遺産』(岩波書店、2016年)
  • 『ジョン・ロック――神と人間との間』(岩波新書、2018年)

編著編集

  • 『デモクラシーの未来――アジアとヨーロッパ』(東京大学出版会、1993年)
  • 『デモクラシーとナショナリズム――アジアと欧米』(成蹊大学アジア太平洋研究センター叢書、2011年)

共編著編集

  • 宮島喬)『難民』(東京大学出版会、1994年)
  • 佐々木毅)『福田歓一著作集(全10巻)』(岩波書店、1998年)

訳書編集

脚注編集

  1. ^ 博士論文書誌データベース
  2. ^ 「九条科学者の会」呼びかけ人メッセージ (2005.3.13)
  3. ^ 「この国はどこへ これだけは言いたい安倍首相“恩師” 成蹊大学名誉教授・加藤節さん・75歳」 - 毎日新聞 2020年3月31日
  4. ^ 「フルテキスト完全版 総理の恩師(成蹊大・加藤節教授)安倍首相の無知と無恥を叱る」 - FRIDAYデジタル 2016年6月3日