メインメニューを開く

加藤 節(かとう たかし、1944年昭和19年〉5月24日 - )は、日本政治学者成蹊大学名誉教授・法学部特任教授。専門は、政治哲学西欧政治思想史ジョン・ロック研究者として知られるのみならず、近年では南原繁丸山眞男に代表される戦後日本における批判的知識人の思想史的系譜に関する研究でも知られる。

加藤 節
(かとう たかし)
人物情報
全名 加藤 節
(かとう たかし)
生誕 (1944-05-24) 1944年5月24日(75歳)
日本の旗 日本 長野県
学問
研究分野 政治哲学
西欧政治思想史
研究機関 成蹊大学
学位 法学博士
称号 成蹊大学名誉教授
影響を
受けた人物
福田歓一東京大学在学中に師事)
学会 日本政治思想学会(代表理事)
テンプレートを表示

目次

経歴・人物編集

長野県生まれ。東京大学法学部卒業。同大学大学院法学政治学研究科を修了。福田歓一の下で政治哲学を学ぶ。1976年、東京大学法学博士号を取得。論文の題は『17世紀政治理論における「宗教批判」の展開:社会契約説と宗教理論』であった[1]

1974年4月、成蹊大学法学部講師。翌75年4月、同大助教授。1982年、教授。1990年、成蹊大学アジア太平洋研究センター所長に就任。2002年には日本政治思想学会代表理事に就任した。2013年4月、成蹊大学名誉教授の称号を受けた。「九条科学者の会」で呼びかけ人を務めている[2]

妻は政治学者西崎文子

著書編集

単著編集

  • 『近代政治哲学と宗教――17世紀社会契約説における「宗教批判」の展開』(東京大学出版会、1979年)
  • ジョン・ロックの思想世界――神と人間との間』(東京大学出版会、1987年)
  • 『政治と人間』(岩波書店、1993年)
  • 南原繁――近代日本と知識人』(岩波書店[岩波新書]、1997年)
  • 『政治と知識人――同時代史的考察』(岩波書店、1999年)
  • 『政治学を問いなおす』(筑摩書房[ちくま新書]、2004年)
  • 『同時代史考――政治思想講義』(未来社、2012年)
  • 『南原繁の思想世界――原理・時代・遺産』(岩波書店、2016年)
  • 『ジョン・ロック――神と人間との間』(岩波新書、2018年)

編著編集

  • 『デモクラシーの未来――アジアとヨーロッパ』(東京大学出版会、1993年)
  • 『デモクラシーとナショナリズム――アジアと欧米』(成蹊大学アジア太平洋研究センター叢書、2011年)

共編著編集

  • 宮島喬)『難民』(東京大学出版会、1994年)
  • 佐々木毅)『福田歓一著作集(全10巻)』(岩波書店、1998年)

訳書編集

脚注編集