メインメニューを開く

松尾 邦弘(まつお くにひろ、1942年9月13日 - )は、日本検事総長(在任 : 2004年6月25日 - 2006年6月30日)。弁護士東京都出身。

松尾邦弘
検事総長
任期
2004年6月25日 – 2006年6月30日
任命者 第2次小泉内閣
前任者 原田明夫
後任者 但木敬一
個人情報
生誕 (1942-09-13) 1942年9月13日(76歳)
東京府
出身校 東京大学法学部
専業 弁護士

人物編集

中学生のときに、教師だった父は、1950年(昭和25年)、全国学校図書館協議会を結成したが、その後贈賄容疑で逮捕され自宅の捜索を受けた。二人の娘の父親であり、翻訳版ミステリー小説を中心とした読書、釣り、ゴルフが趣味。

経歴編集

そのほかエイベックス・グループ・ホールディングス法律顧問を務めている

脚注編集

[ヘルプ]


先代:
甲斐中辰夫
次長検事
2002年 - 2003年
次代:
古田佑紀
先代:
木藤繁夫
東京高等検察庁検事長
2003年 - 2004年
次代:
但木敬一