メインメニューを開く

勤操(ごんそう・ごんぞう、天平勝宝6年(754年) - 天長4年5月8日827年6月25日))は、奈良時代後期から平安時代前期にかけての三論宗の僧。俗姓は秦氏大和国高市郡の出身。石淵上人・石淵僧正とも称される。

大安寺信霊善議に三論教学を学び、千僧度者に選ばれた。比叡山根本中堂の落慶供養の際には堂達をつとめ、796年延暦15年)同門であった栄好の追善のために高円山(たかまどやま)の麓の石淵寺で法華八講を創始した。813年弘仁4年)大極殿最勝講で法相宗義を論破し律師に任じられた。弘福寺(川原寺)別当や当時造営中であった西寺の別当を歴任して826年(天長3年)大僧都に至った。当時の日本では新しい宗義であった最澄天台宗空海真言宗とも交流を持ち、最澄・空海から潅頂をうけたほか、没後作成された勤操御影に空海が賛を入れたとも伝えられている。没後には僧正位が追贈された。