勧修寺経直
時代 室町時代中期
生誕 不詳
死没 文安6年3月13日1449年4月5日
官位 正四位下参議
主君 後花園天皇
氏族 勧修寺家
父母 父:勧修寺経豊、養父:勧修寺経興
兄弟 経興経直
経茂
養子:教秀[1]
テンプレートを表示

勧修寺 経直(かじゅうじ つねなお)は、室町時代中期の公卿官位正四位下参議勧修寺家6代当主。

経歴編集

権大納言勧修寺経豊の子として誕生。兄で権中納言勧修寺経興の養子となる。

文安6年(1449年)3月10日、参議となり公卿に列するが、3日後に薨去。

家督は甥で養子の教秀が継いだ。

脚注編集

  1. ^ 勧修寺経興の子