北京北駅

中華人民共和国北京市西城区にある鉄道駅

北京北駅(ペキンきたえき)は中華人民共和国北京市西城区西直門外に位置する中国国鉄である。2016年11月1日から当面の間は休止中である。当駅が休止中の間は京包線および京通線の列車は昌平北駅から、北京市郊外鉄道S2線黄土店駅から発着する。

北京北駅
駅舎
駅舎
ペキンきた
Beijingbei[1]
所在地 中華人民共和国の旗 中国北京市西城区西直門外
所属事業者 中華人民共和国鉄道部(中国国鉄)
管轄鉄路局 北京鉄路局
等級 二等駅
駅構造 地上駅
ホーム 頭端式ホーム6面
開業年月日 1909年9月4日
乗入路線 2 (1) 路線
所属路線 京包線
北京市郊鉄路S2線
キロ程 0.0km(当駅起点)
所属路線 京通線
キロ程 0.0km(当駅起点)
乗換 北京地下鉄西直門駅
備考 2016年11月1日より休止中
テンプレートを表示
北京北駅
各種表記
繁体字 北京北站
簡体字 北京北站
拼音 Běijīngběi zhàn
ペイチンペイ チャン
ラテン字 Beijing-bei
英文 Beijingbei Railway Station
テンプレートを表示

目次

発着していた鉄道路線編集

駅の位置編集

二環路と西直門外大街との交差点から少し北西方向に入った所に在る。

駅の構造編集

旧駅本屋は旧京張鉄道の旧西直門駅舎であり、北京市の二級保護文物に指定されており、ホームは2面4線であり、ホーム上屋も一部が木製であった。 2012年11月現在頭端式ホーム6面の新駅舎が完成し使用されている。当駅の地下階から地下鉄西直門駅と直通する通路がある。中には待合室とコンビニが設置されている。

駅周辺編集

西直門外大街から多数の路線バスが発着しており、 また、北京地下鉄西直門駅も至近にある為、人の波が絶えない。 徒歩圏内に北京動物園やイトーヨーカ堂(中国語で华堂商场)がある。

歴史編集

利用状況編集

  • 1日あたりの乗降客数
    • 約2400~2500人

隣の駅編集

中国国鉄
京包線、京通線、北京市郊鉄路S2線
北京北駅 - 清華園駅
環城線(1954年廃止)
西直門駅(当時) - 徳勝門駅
京包線(1958年部分廃止)
広安門駅 - 西直門駅(当時)
京門線(1971年2月1日部分廃止)
西直門駅(当時) - 五路居駅

その他編集

北京鉄路局の駅整備計画“四主両輔”(四主は北京駅北京西駅北京南駅北京北駅。両輔は北京東駅豊台駅)によって大規模改修中であるが、駅本屋と木造上屋の一部が保存される予定。

出典編集