メインメニューを開く

概要編集

 
詹天佑

清国政府は北京から張家口に至る京張鉄道を計画するも、戦略的に重要な路線だった為、イギリスロシアが鉄道敷設権を希望、清国による建設に反対したが、自国の鉄道技師による予備測量後、北京北郊の山岳地帯での敷設が困難と判断、そそくさと退散してしまった。この為自国資本での建設を決定、詹天佑が主任設計士に就任し建設が開始された。詹天佑は3本の予定経路の内、一番低予算で建設可能な経路を選択した(計画放棄された物の内の一つは後に豊沙線として開業する)。1905年光緒31年)工事開始、4年後の1909年宣統元年)8月11日に張家口 - 豊台が完成、10月2日に開業した。施工期間が計画より2年短縮できた為、建設費を35万(テール)節約できたという。

北京から北西方向への重要路線であったが、建設費低減を重視して建設された為燕山山脈附近にある33.7の急勾配や青龍橋駅スイッチバックが隘路となり、マレー式機関車を投入するなどしたが根本的な解決にはならず、1952年から前述の豊沙線が建設され、沙城 - 豊台は裏街道的な存在となってしまった。又、青龍橋の次駅である八達嶺八達嶺長城の最寄り駅となっている。

歴史編集

接続路線編集

主要駅一覧編集

関連項目編集