北川ダム (大分県)

北川ダム(きたがわダム)は大分県佐伯市一級河川五ヶ瀬川水系北川に建設されたダムである。

北川ダム (大分県)
Kitagawa-2757-r1.JPG
所在地 左岸:大分県佐伯市宇目大字南田原字横手
右岸:大分県佐伯市宇目大字南田原
位置 北緯32度47分26秒
東経131度36分28秒
河川 五ヶ瀬川水系北川
ダム湖 北川ダム湖
ダム湖百選
ダム諸元
ダム型式 アーチ式コンクリートダム
堤高 82.0 m
堤頂長 188.3 m
堤体積 66,000
流域面積 211.0 km²
湛水面積 200.0 ha
総貯水容量 41,000,000 m³
有効貯水容量 34,700,000 m³
利用目的 洪水調節発電
事業主体 大分県
電気事業者 大分県企業局
発電所名
(認可出力)
北川発電所
(25,100kW
施工業者 梅林建設
着工年/竣工年 1958年/1962年
テンプレートを表示

大分県が管理を行う県営ダムで、高さ82.0メートルアーチ式コンクリートダム。五ヶ瀬川水系では最大のダムであり、北川流域の治水水力発電を目的に国庫の補助を受けて建設された補助多目的ダムである。ダムによって形成された人造湖は大分県が管理するダムの中では最大規模であるが名称は北川ダム湖と通称は付けられていない。だが2005年(平成17年)には財団法人ダム水源地環境整備センターの選定するダム湖百選に選ばれている。

概要編集

大分県に源を発し、宮崎県日向灘に注ぐ北川の両県県境付近の北川とその支流の中岳川との合流部に建設された、大分県で初めてのアーチ式コンクリートダムである。大分県電気局(現企業局)によって、洪水調節発電を目的に建設された多目的ダムで、源流の標高が285mと低く、勾配の小さい北川で発電を行うために、全国でも珍しい低落差発電が行われている。

中岳川との合流部より上流の北川は、田代川とも呼ばれる。ダム湖には、1908年(明治41年)に合流部直上の田代川に架けられた田代橋という石造の眼鏡橋が水没している。この石橋は、湖底から約10mの高さにあり、春の渇水期から、梅雨または台風でダムが満水になるまでの限られた期間だけ湖面に姿を現すことがある。

北川ダムのダム湖はダム湖百選に選定されている。ダム湖の左岸を国道326号が走っており、支流の中岳川がダム湖に流入する箇所には地元の民謡『宇目の唄げんか』にちなんだ唄げんか大橋が架かり、そのたもとには道の駅宇目がある。ダムの周辺はクマタカの生息地であり、1981年には大分県指定鳥獣保護区に指定されている。

外部リンク編集

 
北川ダムに架かる唄げんか大橋