北海道立埋蔵文化財センター

北海道立埋蔵文化財センター(ほっかいどうりつまいぞうぶんかざいセンター、英訳名: Hokkaido Archaeological Operations Center)は北海道が設置する、埋蔵文化財の調査研究及び収蔵保管、または普及啓発を行う施設である。各地の都道府県・市町村などに設けられている、いわゆる埋蔵文化財センターの1つ。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 北海道立埋蔵文化財センター
Hokkaido Archaeological Operations Center
北海道立埋蔵文化財センター
施設情報
専門分野 埋蔵文化財の調査研究及び収蔵保管、または普及啓発
事業主体 北海道教育委員会
管理運営 公益財団法人北海道埋蔵文化財センター
延床面積 3500.95m2(本館)、2081.92m2(別館)
開館 1999年4月
所在地 069-0832
北海道江別市西野幌685番地1
位置 北緯43度3分36.65秒 東経141度29分39.83秒 / 北緯43.0601806度 東経141.4943972度 / 43.0601806; 141.4943972座標: 北緯43度3分36.65秒 東経141度29分39.83秒 / 北緯43.0601806度 東経141.4943972度 / 43.0601806; 141.4943972
外部リンク http://www.domaibun.or.jp/
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

北海道立埋蔵文化財センターは北海道内の埋蔵文化財の保護、保存・活用を図ることを目的として1999年4月に設置。施設の管理・運営は指定管理者制度のもと公益財団法人北海道埋蔵文化財センター北海道教育委員会からの指定を受けて行っている[1]

事業内容編集

事業内容は下記の通りである。

  • 調査研究事業
    • 重要遺跡確認調査
    • 出土文化財の分析・鑑定、保存処理等
    • 市町村の調査に対する指導、助言
  • 収蔵保管事業
    • 出土文化財の収集保管
    • 埋蔵文化財関係資料及び情報の収集保管
  • 普及啓発事業
    • 展示公開
    • 図書閲覧
    • 研修会、講演会、考古学教室の実施
    • 普及資料の作成、配布

施設概要編集

施設概要は下記の通りである。

本館編集

  • 延床面積は3500.95m2
  • 鉄筋コンクリート造2階建て
  • 1997年3月設計完了。同年10月建設工事が着工し、1999年3月竣工。
  • 館内施設
    • 展示室
    • 展示収蔵庫
    • 特別収蔵庫
    • 一般収蔵庫
    • 調査研究室
    • 保存処理室
    • 分析・実験室
    • 写真撮影室
    • 書庫
    • 研修室
    • 事務室

別館(整理作業棟)編集

  • 延床面積は2081.92m2
  • 鉄骨造3階建て
  • 1998年3月設計完了。同年9月建設工事が着工し、1999年8月竣工。
  • 館内施設
    • 整理作業所

開館時間等編集

開館時間、休館日等は下記の通りである。

脚注編集

  1. ^ 開館当初は財団法人北海道埋蔵文化財センターが北海道教育委員会からの委託を受けて管理運営を行っていたが、2006年から指定管理者制度のもと同法人が指定管理者として管理運営を行うこととなる。

関連項目編集

外部リンク編集