北畠 具親(きたばたけ ともちか、生年未詳[1] - 天正14年6月9日1586年7月25日))は、戦国時代武将北畠具教の実弟である[1]。宮内少輔[1]

略歴編集

伊勢国司の北畠家第7代当主・北畠晴具の3男として生まれた[1]。長兄に具教がいたため、はじめ僧侶となって奈良興福寺東門院院主の地位にあった[1]

天正4年(1576年)11月の三瀬の変で、兄が織田信長信雄父子によって殺害されると伊賀に潜入し[1]、還俗して伊勢に戻り、伊勢南部の北畠家の旧臣をかき集めて天正5年(1577年)に三瀬谷・河俣谷・多気・小倭衆らの在地武士と飯高郡森城で挙兵に及んだが、織田信雄によって鎮圧・落城した[1]。このため、安芸毛利輝元を頼って備後に落ち延びた[1]。滞在していた足利義昭に仕え、幕府衆となる。

天正10年(1582年)6月、信長が本能寺の変で死去すると、伊勢に戻って安保直親らと共に伊勢五箇篠山城で再挙。しかし、津川義冬率いる織田信雄軍に再び敗れ、伊賀に落ちたという。天正12年(1584年蒲生氏郷の伊勢入封後は蒲生氏のもとに客臣として迎えられるが、2年後に病没している。

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 阿部 & 西村 1990, p. 278.

参考文献編集

  • 阿部猛; 西村圭子編 『戦国人名事典』(コンパクト版) 新人物往来社、1990年9月。ISBN 4-404-01752-9