医療難民(いりょうなんみん)とは、医療サービスの享受に困る社会問題、またはその被害を受けた人々を指す言葉。

原因編集

地域の医療施設が喪失されうる原因としては以下のものがある。

  • 環境の変化
    • 施設の建て替えによる郊外化(スーパーの郊外化による買い物難民発生と同じ理屈)
    • 施設そのもののキャパシティの不足
  • また、いくらドクターと言えど慈善事業ではなく商売なので買い物難民問題と同じ道も辿りうる。
    • そもそも人口(=需要)がなく、経営が成り立たない。
    • 病院同士の競争に負けた
    • 企業立病院の場合、その企業の経営悪化による閉鎖

これらの結果として地域の医療機関が失われてしまうと、特に公共交通が壊滅した地方においては、パーソナルな移動手段(自家用車、オートバイ、自転車等)を利用できない層が、医療サービスを受けること自体困難となってしまうのである。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集