十分瀑布(じゅうふんばくふ)は台湾新北市平渓区に位置する

十分瀑布
ShiFengWaterFall 001.jpg
所在地  台湾新北市平渓区乾坑10號
位置 北緯25度2分57.8秒
東経121度47分15.86秒
座標: 北緯25度2分57.8秒 東経121度47分15.86秒
落差 20m
滝幅 40m
水系 基隆河
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示
十分瀑布
ShiFengWaterFall 002.jpg
横から見た十分瀑布
各種表記
繁体字 十分瀑布
簡体字 十分瀑布
拼音 Shífēn Pùbù
注音符号 ㄕˊ ㄈㄣ ㄆㄨˋ ㄅㄨˋ
発音: シーフェン ブーブー
テンプレートを表示

概要編集

十分瀑布は、十分瀑布公園の中に存在する。


落差約20メートル、幅約40メートル。カーテン型としては台湾最大の滝で、半円形の形状とその美しさから、「台湾のナイアガラ」と呼ばれている。基隆河の上流に位置する多くの滝のうちの一つであり、台湾鉄路管理局平渓線沿線の名所として知られている。

十分瀑布は、新北市平渓区(旧台北県平渓郷)にあり、基隆河の北部の支流の中では最長の支流中に位置する。周辺は水の浸食作用と地形から多くの断層奇岩が形成されており、速い流れと相まって、多くの滝と奇観を作り出しているが、十分瀑布はその最も有名、かつ、勇壮なものである。滝の上部は水が十分にたまるように、コンクリートで改修されている。

もともと周辺は違法に占有された土地であるが、すでに時効と判断され、業者によって土地が管理されて入場料が発生していたが(大人80元、子ども50元 地元住民や70歳以上の老人、身長110cm以下の子どもは無料)2014年8月から新北市が土地を所有し、舗装等の工事を行ない、2014年12月29日から十分瀑布公園として再開放され、併せて入場無料となった。


以前は、滝に行くまでの道路が線路脇を歩く等、危険な箇所があったが、現在は歩道が整備され安全に行くことができる。また、観光客のために授乳室や観光情報センターなどを増やし、快適に観光できるように配慮されている。

観光情報編集

入園料 : 無料

休園日 : 除夕(旧正月の大晦日)の一日のみ

営業時間: 夏季 [ 6月1日 - 9月30日 ]  9:00 - 18:00(入園17:30まで)

    : 冬季 [ 10月1日 - 5月31日 ]  9:00 - 17:00(入園16:30まで)

アクセス編集

台鉄平渓線十分駅から徒歩で約30分。


外部リンク編集

・新北市政府観光旅遊局 - 十分瀑布公園 (日本語) (中国語)

  •   ウィキメディア・コモンズには、十分瀑布に関するカテゴリがあります。