メインメニューを開く

千手院(せんじゅいん)は、島根県松江市石橋町にある高野山真言宗の寺院。山号は尊照山。本尊は不動明王

千手院
所在地 松江市石橋町385
位置 北緯35度28分51.2秒
東経133度3分21.6秒
座標: 北緯35度28分51.2秒 東経133度3分21.6秒
山号 尊照山
宗旨 真言宗
宗派 高野山真言宗
本尊 不動明王
文化財 千手院のしだれ桜
法人番号 3280005000840
テンプレートを表示

目次

歴史編集

この寺は、もとは安来市広瀬町富田にあったといわれるが、江戸時代初め、堀尾吉晴らが松江城を築く際、本丸の鬼門(北東方向)封じとして、この地に移転した。

雲陽誌によれば、1678年延宝6年)の城下の大火によって伽藍が焼失し、古記録・寺宝なども全てを失ったと記されている。現在の本堂、不動堂は、1816年文化13年)に再建された。

境内全域は、緑地保全区域第1号に指定されており、樹齢200年以上といわれる枝垂桜は、松江市指定天然記念物[1]。境内からは、松江城や松江城下町を一望できる。

交通アクセス編集

  • 市バス「石橋三丁目」バス停から徒歩5分

周辺編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 松江市指定文化財一覧”. 松江市. 2013年3月21日閲覧。

外部リンク編集