メインメニューを開く
千頭清臣

千頭 清臣(ちかみ きよおみ、1856年12月5日安政3年11月8日) - 1916年大正5年)9月9日)は、日本教育者内務官僚政治家。官選県知事貴族院議員錦鶏間祗候。幼名・徳馬。

目次

経歴編集

土佐藩士・千頭清雄の二男として生まれる。1880年東京大学文学部を卒業。1881年7月、東京大学予備門教諭に就任。1886年イギリスに留学。帰国後、第一高等中学校教諭となり、さらに、鹿児島高等中学造士館教授、高知県尋常中学校長、第二高等学校教授を歴任。

1896年8月、内務省に転じ、内務書記官兼内務省参事官に就任。1897年11月、栃木県知事に就任。以後、宮城県新潟県鹿児島県の各知事を歴任。1907年12月、鹿児島県知事を辞し、同年12月10日、貴族院勅選議員に任じられ[1]、死去するまで在任した。1911年10月14日、錦鶏間祗候を仰せ付けられた[2]

栄典編集

外国勲章佩用允許

著作編集

  • 『論理学』金港堂、1893年。
  • 『論理学要義』金港堂書籍、1913年。
  • 『坂本竜馬』博文館、1914年。
  • 『那翁大帝』博文館、1917年。

脚注編集

  1. ^ 『官報』第7337号、明治40年12月11日。
  2. ^ 『官報』第8498号、明治44年10月16日。
  3. ^ 『官報』第2545号「叙任及辞令」1891年12月22日。
  4. ^ 『官報』第6148号「叙任及辞令」1903年12月28日。
  5. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  6. ^ 『官報』第6850号「叙任及辞令」1906年5月3日。

参考文献編集

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。