南アラビア諸語は、アラビア半島南部のイエメンソコトラ島を含む)とオマーンを中心に少数の人々が話している一群の言語。

南アラビア諸語
話される地域 イエメンオマーン
言語系統 アフロ・アジア語族
下位言語
Glottolog mode1252[1]
Modern South Arabian Languages.svg

セム諸語のうちで系統的にアラビア語に特に近いわけではなく、南方セム諸語を二分した場合の東方語群に当たる。

系統の異なる古代南アラビア語と区別するために、現代南アラビア語(Modern South Arabian、MSA)とも呼ばれる。

側面摩擦音などセム祖語の特徴を残していることや、言語年代学的考察などから、他の全てのセム語に対立する系統と見る説もある(A. Militarev)[2][3]

言語編集

  • マフラ語:イエメンに70,000人以上、オマーンに50,000人以上、またクウェートに移住した約15,000人の話者がいる。メフラ語とも呼ばれる。マフラ人によって話される。
  • ソコトラ語:ソコトラ島で話されており、イエメン本土ほどアラビア語の圧力を受けてはいない。話者はイエメンで57,000人(1990年)、移住者も含めて64,000人と見積もられる。
  • シャフラ語(ジッバーリ語):話者数25,000人と見積もられる。オマーンのドファール地方とイエメンの国境地帯における1960-70年代の反乱を起こした人々の言語として知られる。
  • ハラシース語:オマーン、話者数1,000から2,000人と見積もられる。
  • バトハリ語:話者数200人と見積もられる。
  • ホビョト語:オマーン、話者数100人と見積もられる。

編集

  1. ^ Hammarström, Harald; Forkel, Robert; Haspelmath, Martin et al., eds (2016). “Modern South Arabian”. Glottolog 2.7. Jena: Max Planck Institute for the Science of Human History. http://glottolog.org/resource/languoid/id/mode1252. 
  2. ^ http://www.krugosvet.ru/enc/gumanitarnye_nauki/lingvistika/SEMITSKIE_YAZIKI.html
  3. ^ Once more about glottochronology and the comparative method: the Omotic-Afrasian case Alexander Militarev Moscow, Russian State University for the Humanities.[1]