マフラ語は、アフロ・アジア語族セム語派南方セム語南アラビア諸語に属する言語である。メフラ語マフリメフリともよばれる。イエメン東部のマフラ県オマーン西部のドファール特別行政区に居住するマフラ人により、話されている。マフラ語はイスラム教とともにやってきたアラビア語の領域拡大前のアラビア語とは異なるアラビア半島南部の言語の名残である。また、現在ではカタールソマリアアラブ首長国連邦クウェートのマフラ人労働者も用いる。マフラ人は過去1400年以上にわたるアラビア語の優位性により、アラビア語との頻繁な二言語使用があり、マフラ語は絶滅の危機に瀕している。また、マフラ語は文語としては用いられず、文学手紙などにもほとんど使われない。

マフラ語
話される国 イエメンの旗 イエメン
 オマーン
地域 マフラ県
ドファール特別行政区
話者数 約12万人 (2000年-2011年)[1]
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 gdq
消滅危険度評価
Definitely endangered (UNESCO)
Status-unesco-definitely.svg
テンプレートを表示
南アラビア諸語の分布地図(橙がマフラ語)

脚注編集

  1. ^ Mehri at Ethnologue (17th ed., 2013)

参考文献編集

Rubin, Aaron. 2010. The Mehri Language of Oman. Leiden: Brill.