メインメニューを開く

南三原村(みなみみはらむら)とは、千葉県朝夷郡(のちに安房郡)にかつて存在した村である。現在の南房総市の東部(旧和田町丸山町)に位置している。内房線南三原駅(みなみはらえき)、南房総市立南三原(みなみはら)小学校などにその名をとどめる。読み方は「みなみみはら」と「みなみはら」が混在している。

南三原村
廃止日 1956年9月1日
廃止理由 編入合併
南三原村和田町丸山町
現在の自治体 南房総市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
安房郡
面積 7.11km2
総人口 3,233
(1955年)
隣接自治体 和田町、丸山町
南三原村役場
所在地 千葉県安房郡南三原村
 表示 ウィキプロジェクト

目次

沿革編集

交通編集

関連項目編集