南寧駅(なんねいえき/中国語簡体字南宁火车站/正体字:南寧火車站)は中華人民共和国広西チワン族自治区南寧市西郷塘区にある中国鉄路総公司(CR)南寧鉄路局が管轄するである。

南寧駅
Nanning Station 01.jpg
中国鉄路総公司の駅舎
南宁
Nanning
Namzningz
(ナンニン)
所在地 中華人民共和国広西自治区南寧市西郷塘区
所属事業者 中国鉄路総公司(CR・駅詳細
南寧軌道交通駅詳細
テンプレートを表示

本項では、近接する南寧軌道交通火車駅駅(かしゃえきえき)についても記述する。

所属路線編集

中国鉄路総公司
湘桂線衡陽駅起点より793km憑祥駅終点まで220km
南昆線:本駅起点、江西村駅まで湘桂線と共用、昆明駅終点まで828km
南防線:本駅起点、南寧南駅まで湘桂線と共用、防城港駅終点まで183km
柳南都市間鉄道柳州駅起点より227km、本駅が終点
南昆旅客専用線:本駅起点、昆明駅終点まで715km
南広線:本駅起点、広州南駅終点まで576km
南寧軌道交通
1号線
2号線

歴史編集

駅構造編集

中国鉄路総公司編集

CR 南寧駅
 
南寧駅夜景
南宁
Nanning
Namzningz
(ナンニン)
所在地  広西自治区南寧市西郷塘区
北緯22度49分45.5秒 東経108度18分40.5秒 / 北緯22.829306度 東経108.311250度 / 22.829306; 108.311250
所属事業者 中国鉄路総公司(CR)
管轄鉄路局 南寧鉄路局
等級 特等駅
駅構造 地上駅
ホーム 単式ホーム1面、島式ホーム2面
開業年月日 1951年2月
乗入路線 6 路線
所属路線 湘桂線
キロ程 793 km(衡陽起点)
南寧東 (10 km)
(? km) 南化
所属路線 南昆線
キロ程 0 km(南寧起点)
(? km) 南化
所属路線 南防線
キロ程 0 km(南寧起点)
(? km) 南化
所属路線 柳南都市間鉄道
キロ程 226 km(柳州起点)
南寧東 (10 km)
所属路線 南昆旅客専用線
キロ程 736 km(昆明起点)
南寧西 (44 km)
所属路線 南広高速鉄道
キロ程 0 km(南寧起点)
(? km) 南寧東
テンプレートを表示

単式ホーム1面、島式ホーム2面を持つ地上駅である。

南寧軌道交通編集

南寧軌道交通 火車駅駅
 
A出入口
火车站
Nanning Railway Station
Camh Hojcehcan
(チャーヂャン)
所在地  広西自治区南寧市西郷塘区
所属事業者 南寧軌道交通
駅構造 地下駅
ホーム 2面4線
開業年月日 2002年12月29日
乗入路線 2 路線
所属路線 1号線
キロ程 ? km(石埠起点)
白蒼嶺 (? km)
(? km) 朝陽広場
所属路線 2号線
キロ程 ? km(西津起点)
明秀路 (? km)
(? km) 朝陽広場
テンプレートを表示

地下3階に島式ホーム2面4線を方向別配線で共有している。外側2線が1号線で、内側2線が2号線である。それぞれの白蒼嶺/明秀路方面および朝陽広場方面の列車は同一ホームで乗り換えが可能である。

利用状況編集

本駅は湘桂線、南昆線、南防線、南広線、柳南都市間鉄道、南昆旅客専用線の旅客貨物を扱う特等駅である。2009年3月現在、69本の旅客列車が発着し、8本を除き始発列車か終着列車である[2]。また、湘桂線には隘口駅から中越国境を越え、ドンダン駅(同登)を経てハノイ近郊のザーラム駅に向かうT8701/8702次列車が運行されている[3]

特別列車の入線編集

2019年2月26日の早朝、米朝首脳会談のためにベトナムへ向かう朝鮮民主主義人民共和国最高指導者専用列車が南寧駅に入線。この際、金正恩がホームに降りて煙草を吸う様子がジャパン・ニュース・ネットワークTBS系)により撮影、報道された [4] 。このため南寧駅では、復路でもホームが撮影されないよう急遽、目隠し用フェンスの工事が行われた[5]

駅周辺編集

  • 銀河商場
  • 銀河大酒店
  • 恒川大酒店
  • 天湖酒店
  • 南寧民航飯店

隣の駅編集

中国鉄路総公司
湘桂線・南広線
南寧東駅 - 南寧駅 - 南化駅
南昆線
南寧駅 - 南化駅
南防線
南寧駅 - 南化駅
柳南都市間鉄道
南寧東駅 - 南寧駅
南昆旅客専用線
南寧西駅 - 南寧駅
南寧軌道交通
1号線
白蒼嶺駅 - 南寧駅 - 朝陽広場駅
2号線
明秀路駅 - 南寧駅 - 朝陽広場駅

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯22度49分45.5秒 東経108度18分40.5秒 / 北緯22.829306度 東経108.311250度 / 22.829306; 108.311250