南廻公路(なんかいこうろ)は、台湾南部の屏東県台東県の間を東西に走る省道の愛称で、台9線の一部である。 日本統治時代の1939年に「楓台路」と命名された。戦後[注 1]、道路名も「省道台9線」に改称し現在に至っている。地元での呼称は「南廻公路」である。

南廻公路
Jinlun Bridge.jpg
金崙高架橋
各種表記
繁体字 南迴公路
簡体字 南回公路
拼音 Nánhúi Gōnglù
通用拼音 Nánhúi Gonglù
注音符号 ㄋㄢˊ ㄏㄨㄟˊ ㄍㄨㄥ ㄌㄨˋ
発音: ナンホェイ ゴンルー
台湾語白話字 Lâm-hôe Kong-lō͘
日本語漢音読み なんかいこうろ
英文 South-Link Highway
テンプレートを表示
屏東県と台東県の県境

南廻公路には、広義と狭義、二つの意味がある。広義の南廻公路は、屏東楓港から台東馬蘭までの区間を指す。 狭義の南廻公路は、屏東楓港から台東達仁までの区間を指す。

1934年に建設が始まり、1939年に完成した。屏東楓港の省道台1線及び省道台26線との交差点を起点とし、新路丹路双流草埔寿峠(最高点は標高約500m)・森永安朔などを経て台東達仁の省道台26線との交差点に至る、全長約90kmの自動車道である。

南迴公路改善計画により、2車線しかなく慢性的な渋滞が続いていた太麻里郷金崙村近辺は海岸線沿いに4車線化された全長3.5kmの高架橋(金崙大橋中国語版)が2017年10月に開通し[1]、寿峠を含む県境区間のバイパスも2019年12月23日に開通した[2]。これにより距離にして約20km、時間にして約30分短縮が図られた[3]

注釈編集

  1. ^ 中華民国統治時代は「戦後」という略称を用いる。

参考文献編集

出典編集