南恩州(なんおんしゅう)は、中国にかつて存在した宋代から初にかけて、現在の広東省陽江市一帯に設置された。

概要編集

649年貞観23年)、により設置された恩州を前身とする[1]

1048年慶暦8年)、北宋により河北の貝州恩州と改称されたため、広東の恩州は南恩州と改称された。南恩州は広南東路に属し、陽江陽春の2県を管轄した[2]

1276年至元13年)、により南恩州は南恩路総管府に昇格した。1282年(至元19年)、南恩路は南恩州に降格した。南恩州は江西等処行中書省に属し、陽江・陽春の2県を管轄した[3]

1368年洪武元年)、により南恩州は廃止された。陽江県と陽春県は新州に転属した。1369年(洪武2年)、新州が廃止され、陽江県と陽春県は肇慶府に転属した[4]

脚注編集

  1. ^ 旧唐書』地理志四
  2. ^ 宋史』地理志六
  3. ^ 元史』地理志五
  4. ^ 明史』地理志六