メインメニューを開く

南野真宏

南野 真宏(なんの まさひろ、1971年2月24日 - )は日本の男性作家、訳あり物件アドバイザー。大阪府東大阪市生まれ。上智大学法学部法律学科卒業。

なんの まさひろ
南野真宏
生誕 (1971-02-24) 1971年2月24日
大阪府東大阪市
国籍 日本の旗 日本
出身校 上智大学法学部法律学科卒業。
肩書き 作家、訳あり物件アドバイザー

目次

概要編集

1971年大阪府東大阪市生まれ。高槻高校卒業後、上智大学法学部法律学科に入学。 上京時、不動産屋に薦められるがまま、南阿佐ヶ谷の割高な半地下ワンルーム物件を借りてしまった苦い経験から宅建資格を取得。 大学卒業後は勤務先にて小売店舗の物件開発に従事するも、公私で訳あり物件に遭遇してしまう。なかでも椎名町の帝銀事件跡に 建てられたマンションを知らずに借りたことから調停・裁判を経験し、訳あり物件の解約に必要な「事前ワード」などの大切さを痛感。 仲介業者でない立場から、訳あり物件の知識と経験を伝える活動を始める[1]

著書編集

  • 『訳あり物件の見抜き方』 (ポプラ社、2015年11月)

新聞・雑誌・TV・ネット取材編集

  • 全国賃貸住宅新聞』全国賃貸住宅新聞社(2015年10月12日)「訳アリ物件遭遇体験 各瑕疵の事例を網羅」
  • 日刊SPA』扶桑社(2015年11月11日)「訳あり物件から身を守るたった一つの方法」[2]
  • 弁護士ドットコム』弁護士ドットコム(2015年11月22日)「訳あり物件を見抜く為のポイント」[3]
  • 東京スポーツ』東京スポーツ新聞社(2015年12月1日)「訳あり物件下調べのコツ」
  • 週刊女性』主婦と生活社(2015年12月1日)「ダマしの現場告発スペシャル 欠陥住宅の見抜き方」
  • 日刊ゲンダイ』日刊現代(2015年12月1日)「訳あり物件 絶対につかまされない知恵と眼力」
  • ダ・ヴィンチ』KADOKAWA(2015年12月21日)「「訳あり物件」の実態・回避法・交渉術をまとめた一冊」[4] 
  • 週刊現代』講談社(2016年1月15日)「2016年は「ワケアリ」で得をしよう」
  • ちちんぷいぷい』毎日放送(2016年10月20日)「石田ジャーナル・木曜法廷/事故物件で損害賠償」
  • GOLD ONLINE』幻冬舎(2017年5月~7月連載)「買主・借主必見!「訳あり物件」の徹底回避術」[5]
  • 楽待不動産投資新聞』ファーストロジック(2017年8月17日)「半額で買える可能性もある「訳あり物件」とは?」[6]
  • 現代ビジネス』講談社(2017年11月30日)「知らぬ間に「殺人物件」「事故物件」をつかまされない唯一の方法」[7]

ラジオ・テレビ出演編集

脚注編集

外部リンク編集