南陽府(なんようふ)は、中国にかつて存在した元代から民国初年にかけて、現在の河南省南陽市一帯に設置された。

概要編集

1271年至元8年)、元により申州が南陽府に昇格した。南陽府は河南江北等処行中書省に属し、直属の南陽鎮平の2県と鄧州に属する内郷新野の3県と唐州に属する泌陽県嵩州に属する盧氏県汝州に属する魯山の3県と裕州に属する方城舞陽の3県の合わせて2県5州州領11県を管轄した[1]

のとき、南陽府は河南省に属し、直属の南陽・鎮平・・泌陽・桐柏南召の6県と鄧州に属する内郷・新野・淅川の3県と裕州に属する舞陽・葉の2県の合わせて2州11県を管轄した[2]

のとき、南陽府は河南省に属し、南陽・鎮平・唐・泌陽・桐柏・南召・内郷・新野・舞陽・葉・鄧州・裕州の2州10県を管轄した[3]

1913年中華民国により南陽府は廃止された。

脚注編集

  1. ^ 元史』地理志二
  2. ^ 明史』地理志三
  3. ^ 清史稿』地理志九