博奕岬

京都府舞鶴市の岬。

博奕岬(ばくちみさき)は、京都府舞鶴市瀬崎に属し、日本海若狭湾西部)に面する
北緯35度33分6秒、東経135度20分34秒。大浦半島の北西端にあり、舞鶴湾の湾口の東側に位置する。また、先端には博奕岬灯台が設置されている。若狭湾国定公園に含まれる。

地理編集

  • 赤い海食崖が、険しく聳え立つ。
  • その個性ある地名は、いずれも力自慢だった龍神(女神)とクジラの大王が、どちらが強いか知恵比べしようと、ここで囲碁で勝負した、との言い伝えによる([1]を参照)。
  • 岬への海岸は、北半の花崗岩に対し南半は輝緑岩と、と暗褐色にクッキリ分かれている。前述の伝説も、これに拠ることだろう。
  • 博奕岬灯台が立つ。海抜129m、光達28海里、初点灯1925年
  • 現在、岬の周囲は自衛隊の管理地となっている。

関連項目編集

外部リンク編集