若狭湾国定公園(わかさわんこくていこうえん)は、福井県敦賀市笙の川河口左岸から京都府舞鶴市由良川河口右岸に至る、若狭湾に面した海岸線を中心に指定された国定公園2007年8月時点での総面積は約19,197 ha。かつては京都府京丹後市にある丹後半島北部を西端としていたが、由良川以西の区域は独立し丹後天橋立大江山国定公園の一部となっている。

若狭湾国定公園
Wakasa Wan Quasi-National Park
IUCNカテゴリV(景観保護地域)
蘇洞門
指定区域
分類 国定公園
面積 19,197ヘクタール[1]
指定日 1968年5月1日
運営者 石川県、福井県
年来園者数 10,190,000人[2]
事務所 福井県安全環境部自然環境課
京都府中丹広域振興局建設部
公式サイト 若狭湾国定公園
テンプレートを表示

概要編集

若狭湾は典型的なリアス式海岸で、断崖洞門洞窟岩礁などの風景要素が人気である。公園は同湾岸周辺のほか、湾に浮かぶ特別保護地区の冠島沓島海域公園の三方海域公園、ラムサール条約指定湿地となっている三方五湖およびその周辺を含有している。

沿革編集

  • 1955年6月1日 海岸線約115 kmなどを国定公園に指定。
  • 2007年8月3日 由良川以西の地域が、新たな地域を加えた上で新設の丹後天橋立大江山国定公園として独立のため指定区域から削除、同時に由良川以東では海岸後背地など指定区域を拡張、冠島・沓島を特別保護地区に格上げ。

見所編集

 
舞鶴湾のリアス式海岸
 
三方五湖

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 国定公園地種区分別面積 (PDF)”. 環境省 (2020年). 2020年6月30日閲覧。
  2. ^ 平成29年国定公園利用者数(公園、都道府県別) (PDF)”. 環境省. 2020年6月30日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集