博愛丸(はくあいまる)とは、19世紀末から20世紀半ばにかけて運航された日本の船舶である。

Hakuai Maru1898.JPG
基本情報
経歴
進水 1898年
竣工 1898年12月
その後 1945年6月18日戦没
要目
総トン数 2,629 トン
載貨重量 2,480 トン
垂線間長 94.79 m
型幅 11.88 m
型深さ 9.02 m
喫水 6.15 m
主機関 三連成レシプロ機関 1基
出力 3,078馬力(最大)
2,100馬力(計画)
最大速力 15.42ノット
航海速力 12.7ノット
テンプレートを表示

歴史編集

1898年(明治31年)12月にイギリスのロブニッツ造船所 (Lobnitz & Company) で竣工。なお同型船の弘済丸1899年に竣工した。当初から日本赤十字社が管理する病院船として建造され、平時は2隻とも日本郵船上海航路貨客船として使われた。

1900-1901年(明治33-34年)の義和団の乱では患者輸送船として使用され、1901年4月2日に海軍大臣より患者輸送船の指定が解除された[1]1904-1905年(明治37-38年)の日露戦争のときには病院船として使用され、負傷兵を朝鮮の仁川赤十字病院に運んだ[2]

1926年(大正15年)に林兼商店(後のマルハを経て現在はマルハニチロ)に売却され、北洋漁業の蟹工船に改造され、使用された。漁業の作業中に起きたリンチや過酷な労働により死者が出ており(博愛丸事件)、このことが小林多喜二プロレタリア文学、『蟹工船』の元になっている。

その後の太平洋戦争で軍需品などを輸送中、1945年(昭和20年)6月18日、オホーツク海で米軍の潜水艦アポゴン (SS-308) の雷撃を受け沈没。39名が死亡した。

脚注編集

  1. ^ 『官報』第5328号、明治34年4月11日。
  2. ^ 時事画報社『日露戦争時事画報』1904年。国立国会図書館デジタルコレクション。

関連項目編集

参考文献編集

  • 船舶技術協会『船の科学』1983年8月号 第36巻第8号
  • 海人社『世界の艦船』1995年11月号 No.503
  • 海人社『世界の艦船 別冊 日本郵船船舶100年史』1984年 ISBN 4-905551-20-X
  • 日本郵船株式会社『七つの海で一世紀 日本郵船創業100周年記念船舶写真集』1985年

外部リンク編集