メインメニューを開く

印材(いんざい)とは、印章(判子 (はんこ) 、スタンプ落款印鑑、図章)を彫るための素材である。

印材の種類編集

 
チタン製の印鑑

印材としては以下のものがよく使われる。

  • 金属青銅等の合金、チタンなど)
    金属の印材が使われているもので有名なのは金印である。日本の国璽御璽の印材にも金が使用されている。2016年12月、パナソニックが印材にタングステンを使用[1]
  • 牙骨(象牙鯨骨水牛角マンモス牙など)
    印鑑の印材の場合、かつては象牙が珍重されていたが国際的な取引禁止を受け、現在は他の牙骨が使われることも多い。
  • 石(青田石寿山石巴林石昌化石瑪瑙水晶など)
  • 植物素材(柘植黒檀紫檀、竹、各種種子)近年では、高圧で樹脂を浸透させて硬化させた製品が多く、天然素材そのままの植物系印材の使用は少なくなっている。
  • 陶磁
  • プラスチックカゼインなど)
    安く強度のある材料として普通のプラスチックが使われることがある一方、象牙の代替としてカゼインなどの素材を特に使用する場合がある。
  • 紙に印章をプリントしたものを除光液で溶かし印鑑として利用する紙印鑑がある。

印材と地位編集

中国では古代より、印材によってその所有者の身分を示した。 一般的に上位から(宝石)・となる。 玉印の印材は、翡翠瑪瑙水晶などを使用する場合が多い[2]

中国皇帝は最高位の印材である玉を使用した(玉璽)。

また中国の印綬制度では、家臣の地位を印材によってその地位を示し、やはり上から順にである。 金印の例として、漢委奴国王印が有名。

関連項目編集

参考編集