メインメニューを開く

原 光雄(はら みつお、1909年8月5日 - 1996年10月20日)は、日本の科学論・科学史研究者。

山梨県出身。京都帝国大学理学部卒。1938年川崎重工業に入社。1956年大阪市立大学教授。1972年定年退官、名誉教授、阪南大学教授、1981年退職。

1937年寺田寅彦の物理学研究に対する態度を批判。近代化学史研究を通じて科学の方法論を「自然弁証法の研究」としてまとめた[1]田辺振太郎とも論争を行った[2]

著書編集

  • 『自然弁証法の研究』大雅堂 1947
  • 『大化学者 上 (ラヴオアジエ伝)』弘文堂書房 1947
  • 『科學と民主主義』三一書房 1948
  • 『自然弁証法』日本科学社 1948
  • 『自然弁証法入門』弘文堂 アテネ文庫 1949
  • 『近代化学の父 ジョン・ドールトン岩波新書 1951
  • 『日常の化学 百万人のために』弘文堂 1951
  • 『化学入門』岩波新書 1953
  • 『化学を築いた人々』中央公論社 1954
  • 『自然弁証法の諸問題』法律文化社 1954
  • 『商品学概論』森山書店 1955
  • 『技術論』弘文堂 アテネ新書 1960
  • 『唯物史観の原理』青木書店 1960
  • 『要説商品学』有斐閣 1960
  • 『商品学要説』雄渾社 1965

共著編編集

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ 日本人名大辞典
  2. ^ 「いわゆる「動力と制御の矛盾」論の論争史に関するノート 田辺振太郎氏と原光雄氏との「自然科学の分類」論争にも触れて」松下和輝「立教経済学研究」2009-03