寺田寅彦

日本の物理学者、随筆家、俳人

寺田 寅彦(てらだ とらひこ、1878年明治11年)11月28日 - 1935年昭和10年)12月31日)は、戦前日本物理学者随筆家俳人。吉村冬彦(大正11年から使用)、寅日子、牛頓(“ニュートン”)、藪柑子(“やぶこうじ”)の筆名でも知られる。高知県出身(出生地は東京市)。

寺田 寅彦
Terada Torahiko in 1935.jpg
生誕 1878年11月28日
日本の旗 日本東京市麹町区
死没 (1935-12-31) 1935年12月31日(57歳没)
日本の旗 日本・東京市本郷区
墓地 王子谷墓地(高知市)
国籍 日本の旗 日本
研究分野 物理学
研究機関 東京帝国大学理科大学・理化学研究所東京帝国大学地震研究所
博士課程
指導教員
田中館愛橘長岡半太郎
主な指導学生 中谷宇吉郎坪井忠二
主な受賞歴 帝国学士院恩賜賞
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

略歴編集

業績編集

研究上の業績としては、地球物理学関連のもの(潮汐の副振動の観測など)があるいっぽうで、1913年には「X線の結晶透過」(ラウエ斑点の実験)についての発表(結晶解析分野としては非常に初期の研究のひとつ、Braggとは独立にBraggの回折条件を得ている)を行い、その業績により1917年に帝国学士院恩賜賞を受賞している。また寺田の示唆によって西川正治は先駆的なスピネル構造の研究をしたが、これは Laue、Ewaldらの歴史的な仕事からほんの 1,2年の後のことであった。(https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/story/newsletter/past/19800300_11_6.pdf)

また、“金平糖の角の研究”や“ひび割れの研究”など、統計力学的な「形の物理学」分野での先駆的な研究も行っていて、これら身辺の物理現象の研究は「寺田物理学」の名を得ている。

寅彦は自然科学者でありながら文学など自然科学以外の事柄にも造詣が深く、科学と文学を調和させた随筆を多く残している。その中には大陸移動説を先取りするような作品もある。「天災は忘れた頃にやってくる」は寅彦の言葉といわれるが、著書中にはその文言はなく、発言録に残っている[3]

今日では、寅彦は自らの随筆を通じて学問領域の融合を試みているという観点からの再評価も高まっている。

漱石の元に集う弟子たちの中でも最古参に位置し、科学や西洋音楽など寅彦が得意とする分野では漱石が教えを請うこともあって、弟子ではなく対等の友人として扱われていたと思われるフシもあり、それは門弟との面会日だった木曜日以外にも夏目邸を訪問していたことなどから推察できる。そうしたこともあって、内田百閒らの随筆で敬意を持って扱われている。五高時代には、漱石を主宰に厨川千江、蒲生紫川らと俳句結社紫溟吟社(しめいぎんしゃ)をおこした[4]

また『吾輩は猫である』の水島寒月や『三四郎』の野々宮宗八のモデルともいわれる。このことは漱石が寒月の扱いについて伺いをたてる手紙を書いていることや、帝大理学部の描写やそこで行われている実験が寅彦の案内で見学した体験に基づいていることからも裏付けられる。

関連人物編集

後に友人の大河内正敏に請われて入所した理化学研究所や他の研究所などでは、寅彦を慕って「門下生」となった人物が多く、その中には中谷宇吉郎(物理学者、随筆家)[5]坪井忠二(地球物理学者、随筆家)、平田森三(物理学者)などがいる。

なお作家・安岡章太郎は寅彦の長姉・駒の義弟の孫で[6][7]、劇作家・別役実は駒の曾孫にあたる[6][7]。また古代史研究者の伊野部重一郎は寅彦の次姉・幸の孫で[7]、評論家・青地晨は寅彦の娘婿にあたる[7]

父親である寺田利正は土佐の郷士宇賀喜久馬の実兄で[7]井口村刃傷事件で弟の切腹の際、介錯を務めたとされている[7]。 実の弟の首をわが手で刎ねたことがトラウマとなり、利正はしばらく精神を病み、土佐藩下士による討幕には参加せず、学問により社会を変えようと考えるようになり、そのことが寅彦が軍人より学者になることを選んだ伏線となっていると言われている。

著書編集

単著編集

  • 『海の物理学』日本のろーま字社〈理学 2之巻〉、1913年。
  • 『地球物理学』文会堂書店、1915年。
  • 吉村冬彦『冬彦集』岩波書店、1923年。
  • 吉村冬彦『藪柑子集』岩波書店、1923年。
  • 『萬華鏡』鉄塔書院、1929年。
    • 『萬華鏡』岩波書店、1935年。
  • 吉村冬彦『続 冬彦集』岩波書店、1932年。
  • 『柿の種』小山書店、1933年。
  • 『物質と言葉』鉄塔書院、1933年。
    • 『物質と言葉』岩波書店、1935年。
  • 吉村冬彦『蒸発皿』岩波書店、1933年。
  • 吉村冬彦『触媒』岩波書店、1934年。
  • 吉村冬彦『蛍光板』岩波書店、1935年。
  • 『天災と国防』岩波新書、1938年。度々復刊
  • 吉村冬彦『橡の実』小宮豊隆序、小山書店、1946年。
  • 『物理学序説』岩波書店、1947年。
  • 『科学と文学』角川書店、1948年。
  • 『とんびと油揚』寺田正二編、村上正夫絵、中央公論社〈ともだち文庫 17〉、1949年。
  • 『俳諧論』筑摩書房・旧筑摩選書、1949年。
  • 『ピタゴラスと豆』角川書店、1949年。
  • 『銀座アルプス』角川書店、1949年。
  • 『読書と人生』角川書店、1949年。
  • 『寺田寅彦科学随筆集』岩崎書店、1949年。
  • 『科学歳時記』角川書店、1950年。
  • 『風土と文学』角川書店・旧角川新書、1950年。
  • 『寺田寅彦 私たちはどう生きるか 2』ポプラ社、1958年。
  • 『寺田寅彦画集』中央公論美術出版、1977年。

随筆集・新版編集

  • 『寺田寅彦随筆集』小宮豊隆編、岩波文庫 全5巻、1947-48年、改版1964年。ワイド版1993年
  • 『柿の種』池内了解説、岩波文庫、1996年。ISBN 4-00-310377-7ワイド版2003年
  • 『寺田寅彦 ちくま日本文学全集』筑摩書房、1992年。ISBN 4-480-10235-3 - 「団栗」ほか27編。
  • 『俳句と地球物理』角川春樹事務所〈ランティエ叢書 Rentier collection 6〉、1997年。ISBN 4-89456-085-2
  • 『椿の花に宇宙を見る 寺田寅彦ベストオブエッセイ』池内了編、夏目書房、1998年。ISBN 4-931391-37-0
  • 『科学と科学者のはなし 寺田寅彦エッセイ集』池内了編、岩波少年文庫、2000年。ISBN 4-00-114510-3
  • 『懐手して宇宙見物』池内了[8]編、みすず書房〈大人の本棚〉、2006年。ISBN 4-622-08070-2
  • 『寺田寅彦の科学エッセイを読む』祥伝社黄金文庫、2012年。池内了編著
  • 『天災と国防』講談社学術文庫、2011年6月。解説畑村洋太郎
  • 『天災と日本人 寺田寅彦随筆選』角川ソフィア文庫、2011年7月。山折哲雄
  • 『地震雑感/津浪と人間 寺田寅彦随筆選集』中公文庫、2011年7月。千葉俊二・細川光洋編
  • 『怪異考/化物の進化 寺田寅彦随筆選集』中公文庫、2012年8月。千葉俊二・細川光洋編
  • 『寺田寅彦 科学者とあたま』平凡社 STANDARD BOOKS、2015年。新書判
  • 『寺田寅彦セレクション Ⅰ・Ⅱ』講談社文芸文庫、2016年。千葉俊二細川光洋
  • 『科学歳時記』角川ソフィア文庫、2020年5月
  • 『銀座アルプス』角川ソフィア文庫、2020年5月
  • 『科学と文学』角川ソフィア文庫、2020年7月
  • 『漱石先生』中公文庫、2020年7月。巻末エッセイ中谷宇吉郎

翻訳編集

選集・全集編集

  • Terada Torahiko「Scientific Papers(欧文科学論文集)」 岩波書店、1985年、ISBN 4-00-200467-8
  • 『寺田寅彦全集 文学篇』全16巻、安倍能成ほか編、岩波書店、1938年。
    • 『寺田寅彦全集 文学編』全18巻、岩波書店、1950-1951年。
  • 『寺田寅彦選集』全4巻、世界評論社、1949-1950年。
  • 『寺田寅彦集 科学編』藤原咲平編、蓼科書房〈ワールド文庫〉、1949年。
  • 『寺田寅彦集 文学篇』藤原咲平編、蓼科書房〈ワールド文庫〉、1949年。
  • 『寺田寅彦全集』全17巻、岩波書店、1960-1962年。再版1976-78年。全18巻・1987年
  • 『寺田寅彦全集 科学篇』全6巻、岩波書店、1985年。ISBN 4-00-200467-8
  • 『寺田寅彦全集 文学篇』全18巻 岩波書店、1985-87年
  • 『吉村冬彦随筆 復刻版』全6冊、岩波書店、1987年
  • 『寺田寅彦全随筆』全6巻、岩波書店、1991-92年
  • 新版『寺田寅彦全集』全30巻 岩波書店、1996-99年

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ T. Terada (1913). “X-Rays and Crystals”. Nature 91 (2270): 213. doi:10.1038/091213b0. https://doi.org/10.1038/091213b0. 
  2. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)214頁
  3. ^ 小品『天災と国防』(初出は1934年11月、『経済往来』)にあるのは、次の言葉である。
    文明が進むほど天災による損害の程度も累進する傾向があるという事実を充分に自覚して、そして平生からそれに対する防御策を講じなければならないはずであるのに、それがいっこうにできていないのはどういうわけであるか。そのおもなる原因は、畢竟そういう天災がきわめてまれにしか起こらないで、ちょうど人間が前車の顚覆を忘れたころにそろそろ後車を引き出すようになるからであろう。
    経緯は中谷宇吉郎の随筆「天災は忘れた頃来る」に詳しい。
  4. ^ 熊本日日新聞社編纂『熊本県大百科事典』熊本日日新聞社、1982年、418頁
  5. ^ 新版で、中谷宇吉郎『寺田寅彦 わが師の追想』講談社学術文庫、2014年
  6. ^ a b 山田一郎『寺田寅彦覚書』岩波書店、33頁。
  7. ^ a b c d e f 『日本の有名一族』、108-112頁。
  8. ^ 評伝に、池内了『寺田寅彦と現代 等身大の科学をもとめて』みすず書房、2005年。
    責任編集『寺田寅彦 いまを照らす科学者のことば KAWADE道の手帖』河出書房新社,2011年

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集