メインメニューを開く

原澄治

原澄治(はらすみじ、1878年7月23日 - 1968年1月4日)は、岡山県児島郡藤戸村(現在の倉敷市藤戸町)出身の実業家地方政治家[1]

原澄治
はら すみじ
生年月日 (1878-07-23) 1878年7月23日
出生地 日本の旗 岡山県倉敷市
没年月日 (1968-01-04) 1968年1月4日(89歳没)
出身校 早稲田大学政治経済科
称号 倉敷市名誉市民

在任期間 1918年 - 1923年
テンプレートを表示

目次

来歴編集

実業家として、倉敷紡績(現在のクラボウ)専務、中国民報社(現在の山陽新聞社)役員を務め、大原孫三郎の右腕として実業界で活躍したほか、1918年(大正7年)から1923年(大正12年)までは倉敷町長も歴任した。倉敷市名誉市民。

1926年(大正15年)、日本初の民間天文台倉敷天文台を私財を投じて設立した。イギリスから輸入した中古の32cm反射望遠鏡(市指定重要文化財)が設置されたが、これは当時、国内最大級だった。また、日本の既設の天文台はすべて官営であり、限られた研究者しか使えなかったが、倉敷天文台は利用者の所属を問わない、いわば公開天文台であった。

倉敷天文台では、アマチュア天文家の本田実が活躍し、彗星をはじめとした多くの天体を発見した。

小惑星の8548 Sumiziharaは原に因んで名付けられた。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集