メインメニューを開く

自由党 (日本 1950-1955)

自由党(じゆうとう)は、日本にかつて存在した政党である。後にこの党から鳩山一郎ら反吉田派が分離してできた自由党(鳩山自由党)と区別するために吉田自由党(よしだ じゆうとう)と呼ぶこともある。

日本の旗 日本政党
自由党
Liberal Party
成立年月日 1950年3月
前身政党 民主自由党
民主党(一部)
解散年月日 1955年11月15日
解散理由 日本民主党と合同し自由民主党を結党(保守合同
後継政党 自由民主党
政治的思想・立場 保守
親米[1]
テンプレートを表示

目次

党史編集

1950年(昭和25年)、前年の総選挙で第1党となった民主自由党は、分裂した民主党の合同支持派と合流して自由党を結成した。

総理総裁である吉田茂と自由党の元で日本の復興とサンフランシスコ講和条約日米安全保障条約(旧条約)の締結が進められた。公職追放が解除されて鳩山一郎らが復帰すると、日本社会党日本共産党などの左翼勢力の台頭に対抗するため次第に逆コースと呼ばれる保守的な路線に政策転換した。

その後、バカヤロー解散のきっかけに見られるような吉田の「ワンマン」とも言われた政治手法への不満、吉田の総裁続投かあるいは鳩山の総裁復帰かという人事問題、あるいは戦前からの政治家と戦後に登場した政治家との対立などから次第に党内に亀裂が入るようになり(分党派自由党日本自由党の結成)、最終的に鳩山は離党して三木武吉河野一郎岸信介らとともに日本民主党を結成した。

1954年(昭和29年)、吉田退陣後に緒方竹虎が総裁となったが、首班指名選挙で日本民主党を率いる鳩山に敗れた。1955年(昭和30年)、日本民主党と合同(保守合同)して自由民主党を結党した。

役職編集

歴代執行部役員表編集

総裁 幹事長 総務会長 政務調査会長 参議院議員会長
吉田茂 広川弘禅 星島二郎 佐藤栄作 大野木秀次郎
 〃 佐藤栄作 益谷秀次 根本龍太郎  〃
 〃 増田甲子七 広川弘禅 吉武恵市  〃
 〃  〃 益谷秀次 水田三喜男  〃
 〃  〃  〃  〃 大屋晋三
 〃 林譲治  〃  〃  〃
 〃  〃  〃 木暮武太夫  〃
 〃 佐藤栄作 三木武吉  〃  〃
 〃  〃  〃  〃 松野鶴平
 〃  〃 益谷秀次 池田勇人  〃
 〃 池田勇人 大野伴睦 水田三喜男  〃
緒方竹虎 石井光次郎  〃  〃  〃

(参考文献:村川一郎石上泰州『日本の政党』1995年3月丸善株式会社・丸善ライブラリー、ISBN 4-621-05153-9衆議院参議院『議会制度百年史 院内会派編貴族院・参議院の部』1990年11月大蔵省印刷局ISBN 4-17-164809-2

歴代総裁一覧編集

総裁 在任期間
1   吉田茂 1950年(昭和25年) - 1954年(昭和29年)12月8日
2   緒方竹虎 1954年(昭和29年)12月8日 - 1955年(昭和30年)11月15日

(参考文献:村川一郎石上泰州『日本の政党』1995年3月丸善株式会社・丸善ライブラリー、ISBN 4-621-05153-9

党勢の推移編集

衆議院編集

選挙当選/候補者定数備考
第25回総選挙●240/475466追加公認+4、離党-2
第26回総選挙199/316466追加公認+3
第27回総選挙●112/248467追加公認+2

参議院編集

選挙 当選/候補者非改選定数備考
第2回通常選挙○52/13624250追加公認+1
第3回通常選挙○46/9347250追加公認+1

(参考文献:石川真澄(一部山口二郎による加筆)『戦後政治史』2004年8月、岩波書店岩波新書ISBN 4-00-430904-2

  • 当選者に追加公認は含まず。追加公認には会派に加わった無所属を含む。

脚注編集

関連項目編集