原胤親

下総国の戦国武将。

原 胤親(はら たねちか、1539年天文8年)- 1578年天正6年)9月26日[注 2])は、戦国時代の武将。手賀原氏の祖であり、手賀城主。

 
原胤親
時代 戦国時代室町時代後期)
生誕 1539年天文8年)
死没 1578年天正6年)9月26日[注 1]
改名 孫四郎(幼名)→胤親
別名 筑前守
主君 千葉昌胤千葉利胤千葉親胤
氏族 手賀原氏
父母 父:原胤貞、母:粟飯原氏
兄弟 胤親胤栄
豊島頼継息女[1]
久胤
テンプレートを表示

生涯編集

胤親は、天文8年(1539年)に下総で生まれた[2]。天文23年(1554年)に父である原胤貞が小弓原氏(原本家)を継ぎ、小弓城臼井城の城主となった際に、胤親は16歳の若さにして下総国相馬郡手賀城主となり、その後千葉昌胤から千葉親胤までの三代にわたって下総千葉氏につかえた[3]。ただし、黒田基樹は胤貞の祖父・胤隆以前に分かれた庶流の出身ではないかと推測する[1]

永禄9年(1566年)には上杉輝虎臼井城攻撃に際して千葉氏・原氏側の先鋒を務めたという記録が残っており、その時には300余りの軍を率いたという[4]。天正6年(1578年)に39歳で没すると嫡子久胤がその遺跡を継いだ[5]。ただし、天正9年(1581年)と翌10年(1582年)に千葉邦胤の名代として古河公方足利義氏に年頭の挨拶を行った取次の「原筑前守」は胤親のことと考えられ、また、1588年(天正16年)9月26日と位牌銘の記録があったとする伝承もあることから、こちらを没年として採用すべきであるとする説もある[1]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 没年は1588年(天正16年)とも
  2. ^ 没年は1588年(天正16年)とも

出典編集

  1. ^ a b c 黒田基樹『戦国期関東動乱と大名・国衆』戎光祥出版、2020年 ISBN 978-4-86403-366-4 P110-112.「手賀原氏」
  2. ^ 千野原靖方 2017, p. 64.
  3. ^ 千野原靖方 2017, p. 65、66.
  4. ^ 千野原靖方 2017, p. 67.
  5. ^ 千野原靖方 2017, p. 66.

参考文献編集

  1. 千野原, 靖方 『下総原氏・高城氏の歴史〈上〉第1部 原氏』(初版)たけしま出版〈手賀沼ブックレット〉、2017年7月。