厨川 文夫(くりやがわ ふみお、1907年7月30日 - 1978年1月16日)は、英語英文学者文学博士論文博士・1950年)(学位論文『古英詩研究』)。慶應義塾大学名誉教授従四位勲三等旭日中綬章

来歴編集

第五高等学校で教えていた英文学者・厨川白村(辰夫)の長男として熊本に生まれる。1923年関東大震災で父を失う。京都府立第三中学校から東京へ移って芝中学校卒、慶應義塾大学で西脇順三郎に学び、1931年卒業、助手となる。在学中に『ベーオウルフ』を翻訳、1932年に大学紀要に載せて岡倉賞を受賞。1942年文学部助教授、1945年教授となり、古代中世英語を専攻した。1949年最初の妻と離婚し、1949年、医師・広瀬季雄の娘圭子と結婚。1950年『古英詩研究』で文学博士。1967年、ウォルター・ヒルトンの翻訳で福沢賞受賞。1968年慶應義塾大学言語文化研究所長、1973年定年退職し名誉教授成城大学教授となる。定年の二ヵ月前に亡くなる。妻厨川圭子英文学者で、『アーサー王の死』を共訳している。門下に江藤淳安東伸介高宮利行らがいる。

著書編集

  • 『古代英語』研究社英米文学語学講座 1940
  • 『古代中世英語入門』金星堂 1949
  • 『中世の英文学と英語』研究社出版 1951
  • 『厨川文夫著作集』全2巻 安東伸介ほか編 金星堂 1981
共著
  • 『古代英語文法』西脇順三郎共著 文修堂 1935

翻訳編集

脚注編集


参考文献編集

  • 池田弥三郎編『回想の厨川文夫』慶應義塾三田文学ライブラリー、1979