叔寿(しゅく じゅ、?- 25年)は、中国代から後漢時代初期にかけての武将。豫州潁川郡の人。光武帝(劉秀)配下の将軍。

事跡編集

姓名 叔寿
時代 代 - 後漢時代
生没年 生年不詳 - 25年建武1年)
字・別号 〔不詳〕
本貫・出身地等 豫州潁川郡
職官 掾史〔劉秀〕→破虜大将軍〔後漢〕
爵位・号等 -
陣営・所属等 光武帝(劉秀)
家族・一族 〔不詳〕

始めは新の潁川郡掾であった馮異は、更始1年(23年)に劉秀軍に捕まった後、従兄馮孝らの推薦を受けて、劉秀に登用される。その後、馮異は自身が守備していた父城(潁川郡)を開城して、劉秀の主簿に任命され、父城の長である苗萌も従事として登用された。この時叔寿は、銚期・段建(殷建)・左隆と共に馮異から同郷の士として推薦を受け、いずれも劉秀に掾史として登用され、洛陽まで付き従った。

更始2年(24年)、河北の王郎滅亡後に、銚期は虎牙大将軍に任命されており、叔寿もおそらくはこの頃に破虜大将軍に任命されたと見られる。具体的な事跡は不明だが、この昇任を見る限り、銚期同様に、王郎討伐で軍功があったと見られる。

しかし、建武1年(25年)12月、叔寿は曲梁(魏郡)で五校(河北の地方民軍)を討伐したが、この際に戦死した。

参考文献編集

  • 後漢書』本紀1上光武帝紀上
    • 同列伝7馮異伝

関連項目編集