メインメニューを開く

古川 利明(ふるかわ としあき、1965年[1] - )は、日本のジャーナリスト

目次

人物編集

新潟県出身。新潟県立長岡高等学校を経て1988年3月慶應義塾大学文学部仏文科卒業[1]

1988年4月、毎日新聞社に入社。大阪本社社会部などに勤務[1]1991年、情緒障害児更生施設で起きた監禁致死事件の『風の子学園事件』を取材し、『追いつめられた子どもたち−検証・風の子学園事件』を、「毎日新聞姫路支局」より出版[1]

1994年細川護煕の総理番記者となる[2]。同年8月、毎日新聞社を退社。1996年1月、東京新聞中日新聞東京本社)に入社[1]

1997年7月、東京新聞退社[1]。以降、フリージャーナリストとして、創価学会の問題や、首相官邸外務省などの政府機関の「裏金」の問題について、著作を出版している。

著書編集

  • 「新聞記者」卒業 -オレがブンヤを二度辞めたワケ- 第三書館 1999年6月 ISBN 978-4807499069
  • システムとしての創価学会=公明党 第三書館 1999年10月 ISBN 978-4807499229
  • シンジケートとしての創価学会=公明党 第三書館 1999年11月 ISBN 978-4807499243
  • カルトとしての創価学会=池田大作 第三書館 2000年11月 ISBN 978-4807400171
  • あなたが病院で「殺される」しくみ - システムとしての医療過誤 第三書館 2002年1月 ISBN 978-4807402014
  • デジタル・ヘル―サイバー化「監視社会」の闇 第三書館 2004年3月 ISBN 978-4807404001
  • 日本の裏金(上) - 首相官邸・外務省編 第三書館 2007年2月 ISBN 978-4807407002 
  • 日本の裏金(下) - 検察・警察編 第三書館 2007年2月 ISBN 978-4807407019
  • 「自民党‘公明派’」10年の功罪 第三書館 2008年10月 ISBN 978-4807408337  
  • ウラ金  - 権力の味 第三書館 2007年2月 ISBN 978-4807407026
  • <さるぐつわ>の祖国 北朝鮮拉致被害者たちはなぜ日本で「何もしゃべれない」のか? 第三書館 2011年10月 ISBN 978-4807411443
  • 「自民党“公明派”」15年目の大罪-集団的自衛権行使への「抵抗勢力サギ」 第三書館 2014年8月 ISBN 978-4807414505

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 古川利明. デジタル・ヘル サイバー化「監視社会」の闇. ISBN 978-4-8074-0400-1. 
  2. ^ 日本の裏金 (上)首相官邸・外務省編 商品の説明 著者略歴 - Amazon.co.jp

外部リンク編集