メインメニューを開く

古月駅(ふるつきえき)は、かつて福岡県鞍手郡鞍手町大字古門に設置されていた、日本国有鉄道(国鉄)室木線廃駅)である。室木線の廃止に伴い、1985年(昭和60年)4月1日に廃駅となった。

古月駅
ふるつき
Furutsuki
遠賀川 (3.8km)
(3.4km) 鞍手
所在地 福岡県鞍手郡鞍手町大字古門
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 室木線
キロ程 3.8km(遠賀川起点)
電報略号 フル
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1939年昭和14年)4月5日
廃止年月日 1985年(昭和60年)4月1日
備考 無人駅
テンプレートを表示

歴史編集

駅構造編集

廃止直前まで貨物取り扱いを行っていたため構内は広く、かつては島式ホーム1面2線の配置で列車同士の行き違いが行われていた。廃止時は島式ホーム1面の片側のみを使用する1線を持つ無人駅であったが、列車行き違い設備は温存されていた。その他、隣接する清新産業鞍手工場の専用側線が数本あり、同社で製造された肥料の貨物輸送が有蓋車で行われていた。

駅周辺編集

隣の駅編集

日本国有鉄道
室木線
遠賀川駅 - 古月駅 - 鞍手駅

関連項目編集