可愛山陵(えのみささぎ)は、日本書紀に現れるニニギ(天津日高彦火瓊瓊杵尊)の高屋山上陵(たかやのやまの えのみささぎ)、吾平山上陵(あひらのやまの えのみささぎ)とともに神代三山陵の一つ[1]

陵形については、方墳(南北11m・東西10m)説の他、髙塚式円墳説、扁平な小方丘説などがある。

概略編集

ニニギの陵については、「日本書紀」に「筑紫日向可愛山之山陵」とある。

久之、天津彥彥火瓊瓊杵尊崩、因葬筑紫日向可愛此云埃之山陵。

延喜式諸陵式」に「日向埃山陵。天津彦瓊瓊杵尊在日向国、無陵戸」(は返り点)とあるが、この陵は延喜式よりも前に中央の官掌を離れて、その所在を単に「在日向国」、また「無陵戸」と表されていた。しかしその祭祀は重んじられ、神代三陵のために山城国葛野郡田邑陵の南の原に方1の地を画して遙拝所に当てられたことがある。

その所在は江戸時代末以来諸説紛々とした。

現在の治定地は鹿児島県(薩摩国)であるが、薩摩国大宝2年(702年)にはすでに日向国から分離して成立していたとみられるが、日本書紀は720年にウガヤフキアエズが日向国(宮崎県)で没した旨を記録していることなどから、本来の神代三陵の場所は、宮崎県であるとする説が根強い。

治定の経緯編集

新田神社編集

 
可愛山陵

1874年(明治7年)、宮内省により、可愛山陵(えのみささぎ)、高屋山上陵(たかやのやまの えのみささぎ)、吾平山上陵(あひらのやまの えのみささぎ)が治定され、可愛山陵は新田神社(現・鹿児島県薩摩川内市宮内町)境内の神亀山にある陵とされた。

明治7年(1874年)7月10日、他の日向三代の神の陵、とともに勅定があり、大いに修治された[2][3][4]。新田神社の可愛山陵は大正3年(1914年)に宮内省直轄となった。

現在は宮内庁書陵部桃山監区可愛部事務所が置かれ、内閣府事務官が陵墓守部として管理されている。大正9年(1920年)3月30日には昭和天皇(当時の皇太子)が参拝、昭和37年(1962年)には明仁上皇(当時の皇太子)及び上皇后美智子(当時の皇太子妃)が参拝など、皇族の参拝は9回にも及んでいる。

形態

現在、可愛山陵と治定されている新田神社では、神亀山の5分の4が御陵の領域となっている。御陵と神社が一体となっているのは全国でも珍しい形態である。

神亀山は、火山活動によってつくられたシラス土壌が一般的な土地に粘土質の岩盤から出来ており、川内平野にぽつんと孤立した山塊であることから、一説には人為的に築かれたものではないかともいわれている。

陵墓参考地編集

上記の治定に強い反論があり、宮崎県日南市宮浦には鵜戸神宮もあることなどから、明治29(1896)年、宮内省は宮崎県北川町俵野可愛を「御陵伝承地」、西都市西都原を「御陵墓参考地」と定めた。

日向の埃の山陵は日向国臼杵郡長井村俵野門(かど)にある。「可愛山陵」は神代、ニニギノミコトの崩御で、筑紫の日向の可愛(可愛は埃(え)と読む)の山陵に葬ったもので、「諸陵式」には日向国にあって、陵戸(墓を守る人)はない、とある。日向の人々より日向国臼杵郡長井村俵野門に1つの古墳があって、これが御陵に「射当(あたる)」と反論があった。

この塚から約550メートル北に15、6戸の集落がある。以前は可愛村といい、村の産土神(うぶすなかみ)である可愛神社はニニギノミコトを祭る。可愛村は今は俵野門と合併して存在しない。

地勢をみると、可愛山東面から3筋の尾根が延び、中央の地は字で「可愛良」、山は可愛山とも、「エン嶽(えんだけ)」とも呼んでいる。「エン」は、可愛の地方なまりである。

このことは、日本書紀や延喜式に見える「可愛(え)」地名が明らかに存在していたことを示し、諸書の記述とも符合する。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 奉祝会、1940。
  2. ^ 新田神社(可愛山陵) - 鹿児島県観光サイト 2012年5月28日閲覧。
  3. ^ 新田神社(可愛山陵) - 薩摩川内市観光協会 2012年5月28日閲覧。
  4. ^ 川内地方を中心とせる郷土史と伝説 pp.20-21

参考文献編集

座標: 北緯31度49分41.13秒 東経130度17分33.53秒 / 北緯31.8280917度 東経130.2926472度 / 31.8280917; 130.2926472 (可愛山陵(伝天津日高彦火瓊瓊杵尊陵))