右松 健太(みぎまつ けんた、1978年11月6日 - )は、ジャーナリスト、ニュースキャスター。日本テレビ報道局記者[1]。日本テレビの元アナウンサー。

みぎまつ けんた
右松 健太
プロフィール
愛称 みぎけん 燃える感動屋さん
出身地 日本の旗 日本 東京都町田市
生年月日 (1978-11-06) 1978年11月6日(42歳)
血液型 B型
最終学歴 國學院大學文学部史学科
勤務局 日本テレビ放送網
部署 報道局
職歴 編成局アナウンスセンターアナウンス部
活動期間 2003年 -
ジャンル スポーツ・情報系
配偶者 あり
出演番組・活動
出演中 深層NEWS
出演経歴 NNN Newsリアルタイム
汐留スタイル!金曜日
ザ・ワイド
TVおじゃマンボウ
NEWS ZERO
その他 2008年東京マラソンに出場

来歴編集

東京都町田市出身[2]

向上高校卒業[2] 、一浪し國學院大學文学部史学科へ進学。同学科では日本の近・現代史を専攻[2]。同大学同学科を卒業。

高校時代はサッカー部に所属。高校時代にアメリカに短期留学の経験[2]

職務経歴

2003年4月、日本テレビ入社し、アナウンス部に所属。(本当は報道が希望だったが、アナウンス部への配属となった)

汐留スタイル!』(金曜日)、『ザ・ワイド』、『TVおじゃマンボウ』、『からだ元気科』(元気リポーター)、『NNN Newsリアルタイム』(スポーツ担当)、『イブニングプレス Donna』(木曜日)などに出演。→#アナウンサー時代の担当番組

2008年2月17日東京マラソンに同僚のアナウンサーらと共に出場し、5時間12分5秒で完走した[3]。2008年夏、『第28回全国高等学校クイズ選手権』にて、一部会場で鈴木崇司の代理司会を務める。また同年より、『NEWS ZERO』でも鈴木の代理を務めるようになった。

2009年より日本テレビのアナウンサーユニット「ベアーズ」に参加。東京マラソン2009ではフジテレビの中継担当であったため、一記者として沿道で取材を担当。[4]

2010年より『NEWS ZERO』のキャスター[5]

2011年3月に発生した東日本大震災では、取材中継もこなした[5]

2016年6月1日、本人の希望により報道局へ異動。警視庁記者クラブのサブキャップ、その後、政治部の野党担当[5]

2019年10月4日よりBS日テレ・BS日テレ 4Kの報道番組『深層NEWS』の金曜日アンカーマン[6]

人物、パーソナルデータなど編集

  • 仕事の能力の特徴 : 報道記者として現場で取材を行った経験と、ニュースキャスターの経験、それらをどちらも持っている。(そのおかげで)スタジオ内のカメラの前に専門家などのゲストを呼び、取材のようなやりとりをしつつ情報を聞き出すというスタイルでテレビの視聴者に情報を提供する番組を成立させることもできる[7]
  • 趣味 : 日テレ入社時の趣味は写真撮影、音楽鑑賞[2]
  • スポーツ : サッカー剣道
  • 資格 : 普通自動車免許、剣道初段[2]
  • 同僚 : アナウンサー時代の同期は森麻季鈴江奈々上重聡[2]
  • 家族:妻。子がひとり。
  • 身体データ:身長178cm

現在の出演番組編集

  • 深層NEWS(金曜日アンカーマン、2019年10月4日 - )

アナウンサー時代の担当番組編集

脚注編集

  1. ^ 森麻季オフィシャルブログ『同期』2016年6月4日
  2. ^ a b c d e f g [1][2] 日テレアナウンスルームより(pdf)
  3. ^ 2008年2月18日 スポーツ報知 東京マラソン特集ページ
  4. ^ なお、途中で松村邦洋が倒れる瞬間を目撃、119番通報した(松村邦洋 一時心肺停止も「AED」で蘇生”. スポーツニッポン (2009年3月23日). 2016年4月7日閲覧。)。
  5. ^ a b c [3]
  6. ^ "辛坊氏が新アンカーのBS日テレ「深層NEWS」に畑下、久野アナら". スポーツ報知. 報知新聞社. 17 September 2019. 2019年9月17日閲覧
  7. ^ [4]

関連人物編集

関連項目編集

先代:
田中毅
NNN Newsリアルタイム男性スポーツ司会者
2代目
次代:
佐藤義朗