メインメニューを開く
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

司馬 徽(しば き、? - 建安13年(208年))は、中国後漢末期の人物。徳操水鏡。人物鑑定家として名を博した。豫州潁川郡(現在の河南省東南部)の出身。

司馬徽
Sima Hui Qing illustration.jpg
後漢
隠士・人物鑑定家
出生 生年不詳
豫州潁川郡(現・河南省東南部)
死去 建安13年(208年
拼音 Sīmǎ Huī
徳操
別名 号:水鏡
主君 龐徳公

経歴編集

荊州に移り住み、龐徳公を兄として仕えた。水鏡の号は龐徳公が名付けたものである。なお諸葛亮を臥龍、龐統を鳳雛と呼んだのも龐徳公であるという。司馬徽は龐統の才能をいち早く見出し、徐庶向朗などを門下生とした。

劉備に「臥龍・鳳雛は諸葛亮と龐統のことだ」と教えたといわれる。

荊州を支配していた劉表には仕えず、隠士として暮らしていた。『世説新語』の注に引く「司馬徽(別)伝」によると「よし」が口癖で、何を言われても「好」と答えていた。また、友人が自分の子供の死を伝えに来た時にも「好」と答えたという。司馬徽の妻がそれを咎めると、笑いながら「お前のいうことも、また好」と答えたという。劉表に司馬徽の登用を勧める者がいたが、こうした彼の態度を聞いた劉表は「世間の者はいい加減なことを言って(司馬徽を持ち上げて)いるが、ただの書生ではないか」と断ったという。司馬徽も劉表のことを凡人だと思っていたので、政争に巻き込まれないよう政治談義には手を出さず、このような態度を取っていたという。

中国では、こうした司馬徽の態度から生まれた故事成語に「好好先生」というのがある。定見を持たない、悪と戦う勇気が無いといった悪い意味で使われるという[1]

劉表死後、劉琮曹操に降伏すると、曹操に召し出された。曹操は大いに用いようとしたが、間もなく死去した。

現代の読み物などでは、「水鏡先生」は悉く老人の容貌で描かれている。ただし司馬徽の生年や年齢を推測できるような記述は史書にはなく、実際の年齢は不明である。小説『三国志演義』の文中には水鏡の弟子である童子の台詞として「水鏡先生は龐統より5歳年上」という言葉があり、『演義』では司馬徽を老人と見做していないことがわかる。

襄陽市南漳県に「水鏡荘」と呼ばれる景勝地があり、司馬徽の石像や祠堂が建てられ観光地となっている。中華人民共和国国家級風景名勝区

脚注編集