メインメニューを開く
自動車のフロントウインドシールドにできた合わせガラスの蜘蛛の巣状のヒビ

合わせガラス(あわせガラス、英語: laminated glass)とは、複数の板ガラスの間に樹脂などの中間膜を挟み、接着したガラスのこと。高速道路での衝突事故列車脱線事故など、窓枠が大きくゆがむほどの衝撃にも耐えられる対貫通性・耐衝撃性を持ち、また割れた際の飛散も起きにくいため、自動車のフロントウインドシールド路線バス前面行先表示器ガラス、鉄道車両の前面および側面ガラス、情報機器モニター用ガラス、防犯ガラスとして用いられる。また、中間膜の特性を変更することにより、紫外線赤外線の吸収、防音、着色など、様々な付加機能を与えることも可能である。ただし、その性質上リサイクル分別)し辛く、使用後は産業廃棄物として処理されることが多い。高高度を飛行するジェット旅客機コックピットでは、合わせガラス式ウィンドシールドの中間層へ透明な電熱シートを加え加熱することで、低温でガラスが脆くなること(低温脆性)と外部表面の氷結を防いでいる。

歴史編集

合わせガラスは、実験室での事故に着想を得たフランスの化学者エドワール・ベネディクトゥスによって1903年発明された。ガラスフラスココロジオンニトロセルロース)で膜が出来ており、落とした時砕けはしたものの、ばらばらにはならなかった。ベネディクトゥスは自動車事故における怪我を減らすため、ガラスとプラスチックの複合材料を製造した。これは自動車製造業者にはすぐには採用されなかったが、合わせガラスは第一次世界大戦の間ガスマスクアイピースに広く使用された。

関連項目編集

外部リンク編集