吉井 功治(よしい こうじ、1970年9月24日 - )は、東京都出身の自転車競技選手、同指導者。

来歴編集

東京都立駒場高等学校を経て、2浪の末、明治大学(以下、明大)商学部に入学。入学後、明大のラグビー部への入部を試みるも断られてしまう[1]。その後、マウンテンバイクを購入する目的で自転車ショップを訪れたところ、ロードバイクが目にとまり、それを購入したことがきっかけとなり、自転車競技への道へと歩むことになった[2]

大学3年時に明大の自転車競技部に入部。その後、当時は受験資格の年齢上限が24歳未満という制約があったことから、最初で最後の受験機会となった日本競輪学校入学試験に失敗[1]したため、自ら自転車チームを結成して活動することになった[1]

主な戦績編集

1997年

1999年、ブソン・ショスュル=日本鋪道と契約。

2000年シドニーオリンピック出場権をかけた国内選考大会で落車棄権のため、同大会の出場を阻まれた[1]

その後、オーストラリア自転車競技連盟に活動を打診したところ、受け入れられた。また国内では日本鋪道の選手として活動。

2001年

エピソード編集

脚注編集

外部リンク編集