吉元玉(黄色いシャツ右から二人目)。在大韓民国日本国大使館前にて行われる慰安婦への謝罪と補償を求める水曜集会にて(2011年8月)

吉 元玉キル・ウォノク 1928年 - )は、元従軍慰安婦と主張として挺対協と活動する韓国人女性[1][2]

経歴編集

日本統治時代の朝鮮平壌出身。本人の主張は変遷しており、「11歳の時にお金を稼がせてやるとの言葉に騙されて着いていき、日本軍の慰安所に監禁され、軍人に強姦される毎日を過ごした[3]」とも、「13歳の時に強制連行され、軍人に暴行・強姦される毎日を過ごした[4]」とも異なる慰安婦になった経緯を述べている。活動以前は、ご飯も毎日3食食べられず、ちょっとどこかが悪くなってと病院にもいけないという生活レベルで韓国の仁川で困窮していたが、韓国挺身隊問題対策協議会から保護を受けたことから、1998年から慰安婦として日本に謝罪と賠償を求める活動を始める[5]。そのため、水曜デモへの参加が他の慰安婦よりも遅い1998年からとなったが、日本キリスト教協議会によって、吉はキリスト教の教会で長老を務めていたため、参加することに躊躇していたためと理由付けが行われている[6]。2010年に吉は「私が日本政府に望んでいるのは、それほど大きな事ではありません。本当に心のこもった謝罪をして欲しいのです。そして心のこもった謝罪に基づく賠償を、国家として行ってほしい」と主張している[7]。2012年に橋下徹の従軍慰安婦問題への発言に抗議するために支援者たちと来日。橋下に面談を求め、橋下が「どのような経緯で慰安婦になったのかを詳しく聞きたい」と応じため、「謝罪をするのでなければ会う必要はない」と面談をキャンセルした[8]。2016年9月、挺対協の協力で念願としていた歌手デビューを果たした[9]。2018年に韓国挺身隊問題対策協議会が日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶財団と合併し、日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯(正義連)を旗揚げすると、同団体に移籍した。2018年9月に大阪朝鮮学校を支援するために来日し、約30万円の寄付を行った[10]。挺対協傘下の慰安婦として、挺対協に協力的なために優遇され、挺対協管理のソウル市麻浦区にある「平和のわが家」に住んでいたが、所長の自殺を受けて息子が自宅に引き取ることになり退去した。正義連側は、吉元玉が休養施設に残ることを希望し、息子の引き取りに抵抗したが、最終的には本人が休養施設を出たいと自ら決めた[11][12][13][14][15][16]

吉元玉をめぐっては、認知症が発症してから、政府から支給されている支援金が、正義連や正義連と関連しているメディアに不自然に送金されている事実が明らかになっているほか、2019年には「私に関連したすべてのことを整理することを挺対協の尹美香代表に任せる」という内容の動画遺言状を作成していたことも明らかになった[17][18]

関連項目編集

  • 金福童:同様に挺対協傘下の慰安婦として国内外で積極的に協力・活動していた韓国人女性。挺対協に協力的なために優遇され、2人のみ挺対協管理の施設に住んでいた[1][2][19][20]

脚注編集

  1. ^ a b 慰安婦支援団体が購入した施設「憩いの場」ソウル地検が家宅捜索” (日本語). ライブドアニュース. 2020年6月7日閲覧。
  2. ^ a b 挺対協、「欧州平和紀行」で親北朝鮮教育 - ライブドアニュース”. archive.is (2020年5月23日). 2020年6月7日閲覧。
  3. ^ (京都)吉元玉さんの証言を聴く会-旧日本軍性奴隷制(「慰安婦」)問題の解決のために 2010年5月 [1]
  4. ^ 吉元玉ハルモニ証言集会(2010/04/17)[2] 「韓国挺身隊問題対策協議会と出会って、挺対協の運営するウリチプで暮らすようになって、やっと安心して暮らせるようになりました。ご飯も毎日3食食べられるようになりましたし、ちょっとどこかが悪くなると病院にも連れて行ってもらえます。いろんな面倒をみてもらうようになりました。そういう安定した生活を送れるようになって初めて、こうやってみなさんの前で体験をお話しできるようになりました。」
  5. ^ 吉元玉ハルモニ証言集会(2010/04/17)[3]
  6. ^ クリスチャントゥディ 2014年7月3日17時06分 性奴隷制問題の討論をジュネーブで開催 [4]
  7. ^ 吉元玉ハルモニ証言集会(2010/04/17)[5]
  8. ^ 元慰安婦、橋下氏と面談中止…「嫌になった」 読売新聞2013年5月24日
  9. ^ ハンギョレ新聞 2016.09.05「日本軍慰安婦被害者のキル・ウォンオクさん、晩年の歌手デビュー」
  10. ^ 中央日報日本語版 慰安婦被害者2人、台風で被害の大阪朝鮮学校を訪問 2018年09月27日15時24分 [6]
  11. ^ 慰安婦支援団体が購入した施設「憩いの場」ソウル地検が家宅捜索” (日本語). ライブドアニュース. 2020年6月7日閲覧。
  12. ^ 挺対協、「欧州平和紀行」で親北朝鮮教育 - ライブドアニュース”. archive.is (2020年5月23日). 2020年6月7日閲覧。
  13. ^ 정의연 마포쉼터 소장, 자택 화장실서 숨진 채 발견” (朝鮮語). news.naver.com. 2020年6月7日閲覧。
  14. ^ 하시카와 (2020年6月5日). “慰安婦支援団体が非協力的な被害者を差別か 最大野党議員が指摘” (日本語). 聯合ニュース. 2020年6月7日閲覧。
  15. ^ 慰安婦被害者が支援施設から退去 居住者ゼロに=韓国” (日本語). 朝鮮日報. 2020年6月11日閲覧。
  16. ^ 【独自】休養施設を去った吉元玉ハルモニの叫び「今やっと我が家に!」” (日本語). 朝鮮日報. 2020年6月20日閲覧。
  17. ^ 「慰安婦被害者の認知症発症後に…通帳からまとまった額のカネが出て行った」” (日本語). 朝鮮日報. 2020年6月20日閲覧。
  18. ^ 【社説】慰安婦被害者の支援金まで? 検察は徹底かつ迅速な捜査を” (日本語). 中央日報. 2020年6月20日閲覧。
  19. ^ 정의연 마포쉼터 소장, 자택 화장실서 숨진 채 발견” (朝鮮語). news.naver.com. 2020年6月7日閲覧。
  20. ^ 하시카와 (2020年6月5日). “慰安婦支援団体が非協力的な被害者を差別か 最大野党議員が指摘” (日本語). 聯合ニュース. 2020年6月7日閲覧。